むねのまえがわのいたみ
胸の前側の痛み

胸の前側の痛みの基礎知識

概要

胸の痛みで多いのは、帯状疱疹肋間神経痛といった神経の痛み、そして、胃炎や食道炎胸膜炎といった心臓以外の痛みです。心臓の痛みが出る病気は重症のものが多く、40代未満の方ではかなりまれです。10-30代では気胸やプレコーディアル・キャッチ症候群といった病気が多いです。

原因とメカニズム

胸の痛みは、様々な臓器から発生します。

・心臓
大動脈
・肺、気管支、胸膜
・食道、胃、十二指腸、膵臓、胆嚢
・皮膚、筋肉、肋骨、神経
・乳房

心臓や大動脈、肺の病気など、胸の痛みには怖い病気が隠れていることがあります。

一方で特に臓器の異常がない、胸の痛み、動悸、息苦しさのような、はっきりとしない症状もあります。不安などの心理状態が関係していて、命の危険はないという点では安心して大丈夫です。

考えられる病気

ピリピリと痛む

肋間神経痛帯状疱疹などが考えられます。

ピリピリした痛みで、プツプツと水泡ができてくる

帯状疱疹の可能性があります。先に痛みが出てきて、その数日後に水泡ができてくるため、最初は帯状疱疹だと気づかないことが多いです。

胸焼けがある

逆流性食道炎胃潰瘍十二指腸潰瘍が考えられます。

胸骨の裏側の痛みが数十分続く

狭心症心筋梗塞、食道けいれん、逆流性食道炎などが考えられます。

ある時突然、激しい胸の痛みが起きた

大動脈解離狭心症心筋梗塞気胸肺塞栓症などが考えられます。

深呼吸や咳をすると痛い

肺炎胸膜炎気胸、心膜炎、肋骨骨折などが考えられます。また咳が続いていて、咳をする度に肋骨の辺りが痛くなるようになった場合は、咳によって肋間筋が傷んでいる可能性があります。咳さえ治れば、自然に治るので心配はいりません。

片側の乳房が張って痛い

乳腺症の可能性があります。

肋骨と胸骨の間を押すと痛い

軟骨炎の可能性があります。

肋骨を押すと痛い

肋骨骨折の可能性があります。

片手を挙げると皮膚が突っ張って痛い

モンドール病の可能性があります。前胸部や側胸部の皮下静脈の血栓性静脈炎です。特に怖い病気ではなく、自然に治ります。

受診の目安

・高齢者である
・息苦しさや息切れもある
・冷や汗をかいている
・ピリピリした痛みで、水泡ができている

怖い病気

狭心症・心筋梗塞

一般内科や救急科を受診すると、必要に応じて心電図や血液検査、心臓超音波検査などを通じて、狭心症心筋梗塞が隠れていないか調べることができます。狭心症心筋梗塞では、早急に入院・カテーテル治療や手術が必要となります。

診療科

一般内科・総合診療科

色んな臓器が原因で胸の痛みが起こるので、一般内科は適しています。狭心症心筋梗塞大動脈解離など怖い病気が隠れていることもあれば、肺や皮膚の病気が原因のこともあります。必要があれば専門家に紹介してもらえます。

循環器内科

狭心症心筋梗塞大動脈解離など、心臓や血管の病気を診断・治療できます。突然の胸の痛みに、冷や汗や息苦しさがある場合は、まずは救急科に行ってみてください。救急科の医師の判断で、必要があれば循環器内科の医師に紹介されます。

消化器内科

胃カメラ上部消化管内視鏡検査)で、逆流性食道炎胃潰瘍十二指腸潰瘍の診断を行うことができます。

呼吸器内科

気胸胸膜炎などの診断・治療ができます。

検査

血液検査

感染における全身の炎症の度合いや、心筋梗塞などについて調べることができます。

心電図

狭心症心筋梗塞の診断の役に立ちます。

心臓超音波検査(心臓エコー検査)

心臓の動きを調べることで、狭心症心筋梗塞の診断の役に立ちます。

胸部レントゲン・CT検査

肺炎胸膜炎気胸大動脈解離などの診断の役に立ちます。

胃カメラ(上部消化管内視鏡検査)

逆流性食道炎胃潰瘍十二指腸潰瘍の診断に役に立ちます。

治療

原因の病気に応じた治療がされます。



関連するリンク