ししゅうびょう

歯周病(歯周炎、歯肉炎)

細菌感染により歯の周囲に炎症が起きる病気

病気に関連する診療科の病院を探す
4人の医師がチェック 43回の改訂 最終更新: 2017.06.15

歯周病(歯周炎、歯肉炎)の基礎知識

歯周病(歯周炎、歯肉炎)について

  • 細菌感染症を起こす微生物の1つ。ウイルスと比較して10-100倍の体の大きさをもつ感染により歯の周囲に炎症体の免疫が防御反応を起こしている状態。原因は、感染、けが、免疫の異常(アレルギーなど)と様々。免疫が強く反応することで、熱、腫れ、痛みなどが出るが起きる病気の総称(歯肉炎歯周炎を含む)
    • 炎症が歯肉にとどまっていれば「歯肉炎」であり、周りの歯や骨に炎症が広がれば「歯周炎」となる
  • 生活習慣病の一種で、中高年であれば実に約8割がこの病気にかかっている
  • 以下が歯周病になるリスクと言われている
    • 歯垢・歯石
    • 歯ぎしり
    • 不適合な冠や義歯
    • 不規則な食習慣
    • 喫煙
    • ストレス
    • 全身疾患(糖尿病骨粗鬆症ホルモン体内で作られて、血流にのって体の特定の部位を刺激する物質。内分泌物質とも呼ばれる異常)
  • 歯周病が原因で産生された炎症反応物質が血液を介して全身に広がり、循環器・呼吸器疾患や糖尿病骨粗鬆症に影響を与えると考えられている
    • 歯周病の原因となっている細菌が血液中にまで侵入して、感染性心内膜炎という重症な感染症何らかの病原体が引き起こす病気。細菌、ウイルス、真菌などが原因となることが多い。人から人へ直接うつらないものも含めた総称になることがある

歯周病(歯周炎、歯肉炎)の症状

  • 初期の症状
    • 歯肉の腫れ
    • 出血
    • 口臭
    • 噛む時に感じる違和感
  • 進行すれば歯をささえる骨を溶かし、歯がぐらぐらし始め、やがて歯が抜ける

歯周病(歯周炎、歯肉炎)の検査・診断

  • 生活習慣の問診医師が、ある症状や病気についての経過を聞き、質問を繰り返すこと(状況を詳しく聞く)
  • 口の中の観察
  • X線検査X線(放射線)を使って、体の中の状態を簡易的に調べる画像検査
  • 噛み合わせの検査
  • 細菌感染症を起こす微生物の1つ。ウイルスと比較して10-100倍の体の大きさをもつ培養検査感染症における検査の一種で、菌がいるかどうかの判断や、感染している菌の種類を特定するためのもの

歯周病(歯周炎、歯肉炎)の治療法

  • 歯垢・歯石の除去
  • 自宅でのブラッシング
  • 本人・医療者が協力して口の中を清潔に保ち、予防・治療後の再発防止に努めることが大切である

歯周病(歯周炎、歯肉炎)のタグ

診療科一般歯科

歯周病(歯周炎、歯肉炎)に関わるからだの部位