ししゅうびょう
歯周病(歯周炎、歯肉炎)
細菌感染により歯の周囲に炎症が起きる病気
4人の医師がチェック 45回の改訂 最終更新: 2018.11.12

歯周病(歯周炎・歯肉炎)の症状:歯茎からの出血・膿、口臭、歯の痛みなど

歯周病は初期の段階を「歯肉炎」、進行した状態を「歯周炎」と呼んで区別されます。歯肉炎の症状は軽く、歯肉(歯茎)が少し腫れたり赤みなどの症状が起こります。歯周病が進行して歯周炎になると、出血や口臭、知覚過敏、歯のぐらつきなどが起こります。ここでは歯周病の症状について詳しく説明します。

1. 歯周病の進行度に応じた症状

健康な歯と歯周病

歯周病とは歯肉炎と歯周炎を合わせた呼び方です。歯槽漏とも呼ばれますが、最近では歯周病ということが多いです。炎症が歯肉(歯茎)に留まっている状態が歯肉炎で、炎症が歯肉をこえて周囲まで広がっている状態が歯周炎です。つまり歯周病のうち初期段階が歯肉炎で、より進行した状態が歯周炎です。

歯肉炎の段階であれば、炎症は歯肉だけに留まっているので適切な治療で元通りに治せる可能性があります。一方、歯周炎まで進行すると、治療をしても完全に元に戻すことは難しく、なるべく健康な状態にすることが治療の目的になります。歯周炎では歯根膜、セメント質、歯槽骨まで炎症が広がっていて、歯槽骨の破壊や吸収が起きているからです。歯周炎では治療をしても歯茎が下がった状態になってしまうことがあります。

以下では、初期段階の歯肉炎から悪化した歯周炎まで、それぞれの進行度に応じた症状について説明します。

歯肉炎(初期の歯周病)の症状

歯肉炎は、歯と歯肉の溝に入り込んだ歯周病を起こす細菌が、歯周ポケットを作って歯肉に炎症を起こしている状態です。

歯周病の原因となる細菌は歯垢(プラーク)を作って歯にこびりついています。歯肉炎の段階では炎症は歯肉に留まっていて、歯根膜や歯槽骨の破壊は起きていません。歯肉は炎症を起こして赤く腫れていますが、痛みや違和感などの自覚症状はほとんどありません。自分で適切な口腔ケアをして定期的に歯医者さんで処置を行うことで、元の健康な状態に戻すことが期待できます。多くの場合、歯肉炎の段階での歯周ポケットの深さは3mm以内です。

軽度の歯周炎の症状

歯肉炎から歯周炎に進行して歯周ポケットが深くなると、歯根の深い部分へ歯垢や歯石がくっつきます。歯茎の深い部分まで炎症が進行して、歯茎が分厚くなったり、血が出たり、時には膿がでてきたりする症状が起こります。歯を支える歯根膜や歯槽骨の破壊が徐々に始まります。この段階での歯周ポケットの深さは3-5mm程度です。

中等度の歯周炎の症状

歯周炎が進行するとさらに歯周ポケットが広くなります。中等度の歯周炎では歯を支える歯槽骨が破壊されるため、歯が安定せず、グラグラするようになります。歯茎が下がり歯根が見えるようになります。歯茎は炎症でぶよぶよになり、血や膿が出ることが多くなります。歯周ポケットの中で歯周病を起こす細菌が増えることで、口臭がでるようになります。この段階での歯周ポケットの深さは4-7mm程度です。

重度の歯周炎の症状

歯周病が最も悪化した重度の歯周炎では、歯がぐらつくだけではなく、歯根がますます見えるようになります。食事がとれないほどの歯の痛みを伴うこともあります。歯茎から血や膿が出ることなどが一層多くなり、口がさらに臭うようになります。重度の歯周炎を治療しないでそのままにすると歯を支える歯槽骨がなくなるため歯が自然に抜けることがあります。抜けていなくても歯槽骨の破壊が進んでいて歯を残すことが難しいと考えられる人には、抜歯を行うこともあります。この段階での歯周ポケットの深さは6mm以上です。

2. 歯周病の主な症状:歯肉(歯茎)の出血、腫れ、赤み、口臭など

ここまで歯周病の進行度に応じた症状を説明しました。次に、歯周病の主な症状について一つひとつ解説します。

【歯周病の主な症状】

  • 歯磨き時に出血する
  • 歯肉(歯茎)が腫れる
  • 歯肉(歯茎)が赤い
  • 口の臭い(口臭)がある
  • 歯が痛い・歯がしみる(知覚過敏)
  • 歯がグラグラする(歯の動揺)
  • 頭痛

以下でそれぞれの症状の詳細を説明します。

歯磨き時に出血する

歯周病が進行すると歯磨きをしている時に出血することがあります。これは歯肉に炎症が起きているためです。炎症がひどくなると歯磨きの時だけでなく食事をした時などにも出血を起こすことがあります。

歯肉(歯茎)が腫れる

正常な歯肉(歯茎)は引き締まっていますが、歯周病になると歯肉が腫れます。歯肉が腫れた時に痛みを伴う場合もあります。歯肉の腫れは歯周病以外でも起こり、腫れた部分によって次のような病気が考えられます。

  • 歯に近い歯肉が腫れている場合
    • 歯周病(歯肉炎・歯周炎)
  • 歯の根元に近い歯肉が腫れている場合
    • 歯根膜炎(しこんまくえん)
    • 歯槽膿瘍(しそうのうよう)

歯周病では歯肉が引き締まっておらず、歯に近い歯肉がぶよぶよと腫れます。歯と歯の間の歯肉の形がシャープではなく丸み帯びます。歯周病による歯肉の腫れは徐々に進行するため、自覚症状があまりないことが特徴です。しかし、体調を崩した時など一時的に悪化して歯肉が腫れて痛みを伴うことがあります。歯肉が腫れたり、痛みを感じる回数が多い時は歯周病の可能性が高いので、歯科を受診してください。

なお、智歯(親知らず)の炎症で歯肉炎を起こした場合にも歯肉が全体的に腫れます。これは一般的な歯肉炎と区別され、智歯周囲炎と呼ばれます。

歯根膜炎は歯の根を包む歯根膜に炎症が起きた状態で、根尖性歯周炎とも呼ばれます。歯根膜炎の原因には、う歯(むし歯)によるもの、噛み合わせなどの力によるもの、歯周病の炎症がおよんで起こるものなどがあります。いずれの場合でも、ものを噛むと歯の周囲が痛みます。

歯槽膿瘍は歯の周囲に膿が溜まった状態です。う歯(むし歯)や歯周病などで細菌が感染をして炎症が起きることが原因です。炎症が強くなって膿汁が溜まることを膿瘍とよびます。

歯根膜炎や歯槽膿漏は歯周病から起こることもありますし、う歯から起こることもあります。原因や病状によって治療は異なります。

歯肉(歯茎)が赤い

健康な歯肉(歯茎)はピンク色で引き締まっています。歯肉が炎症を起こして歯肉炎になると赤くなり、歯周炎に進行すると赤黒くなります。赤くなった歯肉は歯磨きで痛みを感じたり、出血しやすくなります。

口の臭い(口臭)がある

口の臭いはいろいろな原因で起こりますが、歯周病はそのなかでもっとも多いものです。口臭を起こす原因には次のようなものがあります。

  • 口の中の病気によるもの
  • 全身の病気によるもの
  • 食事によるもの
  • 生理的口臭によるもの

口臭の原因となる口の中の病気の代表は歯周病です。歯周ポケットの中で増えた細菌が、食べ物の残りかすに含まれているタンパク質を分解する時に口臭のもととなる物質を作ります。また、歯周ポケットが深くなると、自分での歯磨きでは奥まで十分な掃除ができなくなります。磨き残しの汚れも口臭の原因になります。

その他に、口の中とは関係ない全身の病気で口臭を起こすことがあります。例えば肝硬変や胃などのがんになった人では口から特有のにおいがすることがあります。

食事による口臭は、ニンニクやネギなど匂いの強いものを食べた後やアルコールなどを飲んだ後に起こるもので、一時的なものです。

生理的口臭は朝起きたばかりの時や、空腹時、女性の場合には月経の前後など誰にでも口臭のことで、心配なものではありません。

歯が痛い・歯がしみる(知覚過敏)

冷たいものを飲んだり食べたりしたときに、歯がしみるような痛みを感じることがあります。これは知覚過敏と呼ばれる症状で、歯周病で歯茎が下がることで起こります。

歯茎が下がると歯の根元(歯根)が露出します。歯根はエナメル質で守られておらず、神経に通じる小さな穴がむき出しになっています。そのため、冷たいものを食べた時や歯磨きの時などに、むきだしになった穴を通じて神経が刺激されて知覚過敏を起こします。

知覚過敏を起こすと歯がしみるため歯磨きが行いにくくなり、プラーク(歯垢)がたまりやすくなります。溜まったプラークにより神経に通じる穴が広がり、さらに痛みが悪化するという悪循環になります。しみる感じがある場合には早めに歯科を受診して診察を受けてください。

歯がグラグラする(歯の動揺)

歯周病が進行すると歯を支える歯槽骨が溶けてしまうので、歯がグラグラする(動揺する)ようになります。歯周病でなくても、歯を食いしばったり、噛みしめる力が強かったりして歯に余計な力を加わえた時にも、グラグラすることがあります。この場合は噛み合わせを治すことで動揺が改善する可能性があります。

頭痛がする

歯周病自体が頭痛を起こすことは少ないです。ただし、強い噛み締めなどにより歯並びが悪くなると、プラークがたまりやすくなり、歯周病を起こしやすくなります。その場合にはもともとの強い噛み締めの影響で、顎関節周囲の筋肉の痛みが起こることがあり、頭痛を伴う場合があります。

3. 歯周病のセルフチェック方法はあるか

歯周病であるかどうかを自分でチェックできる項目として、次のようなものがあります。歯周病は自覚症状があまりなく、気がつかないうちに進行していることがあります。以下を参考に自分の状態を調べてみてください。

  • 歯肉の色が赤い、もしくはどす黒い
  • 歯と歯の間の歯肉が丸く、腫れぼったい
  • 歯肉が腫れている
  • 歯肉が下がって、歯と歯の間に隙間がある
  • 歯が長くのびた感じがする
  • 歯磨きをする時に歯肉から出血しやすい
  • 起床時に口が苦く、ネバネバして気持ち悪い
  • 歯肉を押すと白い膿がにじみ出てくる
  • 歯がグラグラする
  • 歯と歯の間に食べ物がつまりやすい
  • 上の歯の前歯が前に出てきた
  • 口臭がなんとなく気になる

上記の症状が当てはまる人は、歯周病の可能性がありますので、一度歯科を受診してみてください。歯周病の初期段階である歯肉炎の状態で治療を開始することができれば、元の健康な状態に治せる可能性が高いです。上記の項目にひとつも当てはまらない場合であっても、現在の歯みがき方法を続けて、少なくとも1年に1回は歯科健診を受けてください。

【参考】

・「歯周病とは?」日本臨床歯周病学会