あれるぎーせいけつまくえん(しゅんきかたるをふくむ)
アレルギー性結膜炎(春季カタルを含む)
目の結膜でアレルギー反応が生じて、炎症の起こる病気
11人の医師がチェック 128回の改訂 最終更新: 2019.11.08

アレルギー性結膜炎の症状

アレルギー性結膜炎の主な症状は目のかゆみ、異物感、目やにです。目の痛みやまぶたの腫れなどは起こりにくく、これらの症状が伴った場合には別の病気が疑われます。症状について詳しく説明します。

1. アレルギー性結膜炎で起こりやすい症状

アレルギー性結膜炎で起こりやすい症状は次のようなものです。

  • 目がかゆい
  • 目がゴロゴロする、異物感がある
  • 目やにが出る
  • 目が充血する

なかでも目のかゆみが代表的な症状です。以下で詳しく説明します。

目がかゆい(眼瘙痒感)

アレルギー性結膜炎でもっとも多く見られる症状です。アレルゲンとなる花粉やダニ、ハウスダストなどの成分が目の結膜に入りかゆみが起こります。

目がゴロゴロする、異物感がある

軽い痒みを異物感として自覚することがあります。また、まぶたの裏の眼瞼結膜に炎症が起きるとデコボコした状態になり、まばたきのたびに異物感があったりします。コンタクトレンズをしている人では、レンズがデコボコに引っかかってずれる感覚が生じたりします。

目やに(眼脂)が出る

アレルギー性結膜炎で出る目やには涙のようにサラサラとしているか、少し粘り気がある程度のものが多いです。一方、目に細菌が感染した時にはのような目やに、ウイルス感染では粘り気の強い目やにが出ます。

粘り気の強い目やにが出て白目の部分が赤く充血している場合には、ウイルス性結膜炎の可能性があります。ウイルス性結膜炎の中には感染力が強いものがあるため、早めに眼科を受診してください。

目が充血する

炎症の影響で、まぶたの裏や白目の部分が赤く充血することがあります。

また、アレルギー性結膜炎にアレルギー性鼻炎が併せて起きて、鼻水や鼻づまり、くしゃみなどの症状を伴うことがあります。

2. アレルギー性結膜炎では起こりにくい症状

目の痛みやまぶたの腫れはアレルギー性結膜炎では起こりにくいです。これらの症状がある場合には他の病気の可能性があります。治療法が異なりますので、受診した際はお医者さんにできるだけ詳しく症状を伝えるようにしてください。

目が痛い:眼痛

アレルギー性結膜炎では目の痛みが起こることはほとんどありません。アレルギー性結膜疾患のうち「春季カタル」と呼ばれる病気では、角膜が傷ついて目の痛みが起こることがあります。

まぶたの腫れ

アレルギー性結膜炎では結膜の腫れは起こることがありますが、まぶたの腫れはあまり起こりません。目の周りが腫れている場合にはものもらい麦粒腫)などが考えられます。