[医師監修・作成]クローン病とはどんな病気? | MEDLEY(メドレー)
くろーんびょう
クローン病
腸管の壁に炎症が起こることで大腸や小腸に深い潰瘍を作る慢性の病気。潰瘍性大腸炎と合わせて炎症性腸疾患(IBD)に分類される
12人の医師がチェック 129回の改訂 最終更新: 2021.12.17

クローン病とはどんな病気?

クローン病は免疫の異常により胃、小腸、大腸などが攻撃される病気です。症状としては血便や下痢、腹痛などがあります。5-ASA製剤、ステロイド、生物学的製剤などで治療します。治療は長期に及ぶことがあり、難病に指定されています。

1. クローン病とはどんな病気か?潰瘍性大腸炎との違いなど

クローン病は免疫の異常により胃、小腸、大腸などが攻撃される病気です。小腸や大腸が免疫により攻撃されると壁が厚くなり、食べ物や便の通り道が狭くなることがあります。また時に「潰瘍(かいよう)」といって胃や腸がえぐられた状態となり出血の原因となります。このようにクローン病では免疫により胃、小腸、大腸が攻撃されることで、血便や下痢、腹痛など様々な症状があらわれます。

免疫とは

免疫とはウイルス細菌などの外敵が体の中に入ると駆除する体の中のシステムのことです。免疫は通常、外敵だけを攻撃し、自分の体は攻撃しないように制御されています。しかしながら、クローン病ではこの免疫の制御が上手く働かなくなり、自分の体を攻撃するようになってしまいます。

炎症性腸疾患とは

炎症性腸疾患とは免疫が腸を攻撃してしまう病気のことをさします。クローン病は炎症性腸疾患の1つにあたります。

炎症性腸疾患はクローン病以外にも潰瘍性大腸炎という病気があります。クローン病と潰瘍性大腸炎は症状や治療法で似ているので、間違われやすいですが、異なる病気です。

炎症性腸疾患は英語でInflammatory Bowel Diseaseといいます。IBD(アイビーディー)の略称で呼ばれることもあります。

潰瘍性大腸炎とは

潰瘍性大腸炎(かいようせいだいちょうえん)もクローン病と同じく、炎症性腸疾患に分類されます。また腹痛や下痢などクローン病と似た症状があらわれます。しかし、両者で使用できる治療薬は異なるため、クローン病と潰瘍性大腸炎のどちらなのかを見極めることは重要です。

クローン病と潰瘍性大腸炎の違いは専門的な話になりますが、まとめると以下のようになります。

     クローン病 潰瘍性大腸炎
病気が起こる場所 小腸、大腸(結腸、直腸)、肛門 大腸(結腸、直腸)
病気のでき方 病変はまばらにできる 直腸から大腸に連続して広がる
潰瘍の深さ 深い潰瘍ができる クローン病と比較すると浅い
腹痛 しばしば起こる 強い腹痛はあまり起こらない
血便 潰瘍性大腸炎と比べると少ない よく起こる
腸が詰まること
腸閉塞
しばしば起こる あまり起こらない

※その他、腸の生検(組織を一部採って顕微鏡で見る検査)もクローン病と潰瘍性大腸炎で異なる結果が出るので、2つの病気を見分けるために有用です。

2. クローン病の患者数はどれくらいか?

2014年の厚生労働省の調査ではクローン病の患者数は40,000人程度であると想定されています。年齢としては10-20代に若い人に多いです。また、男女比は2:1で男性に多い傾向にあります。

参考文献
・厚生労働省:平成26年度 衛生行政報告例の概況

3. クローン病の症状

クローン病は腹痛、下痢、血便などお腹の症状が中心にあらわれます。加えて肛門痛、発疹、関節痛などお腹以外の症状がでることもあります。熱が出たり、体重減少を起こすこともあります。体重減少に関しては、クローン病自体でも起こりますが、数ヶ月で10 kg近く体重が減ることがあれば、がんなどが隠れている可能性もあるので、担当の先生に相談してみてください。強い腹痛や強いお腹の張りは重症なサインなので、自覚する場合は医療期間を受診するようにしてください。

詳しくは「クローン病の症状:腹痛・下痢・痔ろうなど」で説明します。

4. クローン病の原因

クローン病は免疫の異常により腸が攻撃されることで起こる病気です。免疫は通常、外敵だけを攻撃し、自分の体は攻撃しないように制御されています。クローン病ではこの免疫の制御が上手く働かなくなり、自分の体を攻撃するようになってしまいます。免疫の制御がうまく働かなくなる理由としては、遺伝子や腸内細菌などが関わっているのではないかと考えられていますが、はっきりしたことは分かっていません。

クローン病の治療では免疫を制御(抑制)する薬を使い、おかしくなった免疫を正常化することで症状の改善を目指します。

5. クローン病を疑ったときの検査

クローン病が疑われた場合、内視鏡検査、消化管造影検査、CT検査、MRI検査、血液検査、便検査などを行います。詳しくは「クローン病の診察と検査:内視鏡検査・画像検査・血液検査など」で説明します。ここではごく簡単にどんな検査があるかを説明します。

内視鏡検査

クローン病で行う内視鏡検査には食道、胃、十二指腸を観察する上部消化管内視鏡胃カメラ)と大腸を観察する下部消化管内視鏡大腸カメラ)があります。具体的には細長いカメラを鼻や口、肛門から挿入して胃や腸を観察します。クローン病では病変部に潰瘍(えぐれていること)や時に「アフタ」と呼ばれる白い付着物がついていることがあります。

消化管造影検査

消化管造影検査は造影剤を使って胃や腸の形を確認する検査です。造影剤はレントゲンに白くうつる液体です。通常のX線検査では腸ははっきりうつらないため、造影剤を使うことで腸の形を確認します。クローン病の人では腸の形がいびつになったり、狭くなっているのが確認されます。そのため、消化管造影検査を用いることで、どこに病変があるかを確認することができます。

CT検査

CT検査はお腹の中の状態や腸の形状を調べることができる検査です。クローン病の状態が悪い時に起こる腹腔内膿瘍(お腹の中にうみ)ができること)、腸管穿孔(腸に穴があくこと)や腸閉塞を調べるための検査としても有用です。

MRI検査

MRI検査は肛門周囲膿瘍の検出に優れた検査です。肛門周囲膿瘍は内視鏡検査や消化管造影検など他の検査では見つけることは難しく、クローン病の人で肛門の痛みや熱が続くなど、肛門周囲膿瘍が疑われる場合にはMRI検査を勧められることがあります。

血液検査

血液検査では「CRP」、「血沈」などの炎症マーカーを見ることで病気の勢いを予測できます。また、「Hb(ヘモグロビン)」は腸からの出血がないかの参考になります。血液検査は薬の副作用で内臓の障害が起きていないかを調べる上でも重要です。

便検査

潰瘍性大腸炎で行われる便検査には便潜血検査と便培養検査があります。便潜血検査は「便に血液が混ざっていないか」を確認します。便培養検査は便の中に「血便を起こす菌がいないか」を確認し、クローン病と似た症状を起こすほかの病気を見分ける役に立ちます。

6. クローン病の治療

クローン病では5-ASA製剤、ステロイド、免疫抑制薬、生物学的製剤、抗菌薬などの薬が治療に用いられます。非常に重症なケースや薬の治療の効果が乏しい場合には、白血球除去療法や手術を行うことがあります。

詳しくは「クローン病の治療:薬物療法・手術など」で説明します。

5-ASA製剤

5-ASA製剤(5-アミノサリチル酸)は、クローン病の中でも軽症から中等症の方に使われることが多い薬です。5-ASA製剤は内服薬(飲み薬)以外に注腸薬・坐薬があります。代表的な製剤にはサラゾスルファピリジン(商品名:サラゾピリン®)、メサラジン(商品名:ペンタサ®)があります。

ステロイド薬

ステロイド薬は炎症を抑える作用のある薬です。ステロイド薬には様々なタイプの薬がありますが、クローン病には飲み薬、点滴薬、注腸薬がよく使われます。ステロイド薬の代表的な製剤としてはプレドニゾロン(商品名:プレドニン®など)があります。他にもブデソニド(商品名:ゼンタコート®)、メチルプレドニゾロン(商品名:メドロール®など)、ベタメタゾン(商品名:リンデロン®など)などのステロイド薬も使われます。

免疫抑制薬

クローン病のおかしくなった免疫細胞をコントロールするための薬です。代表的な製剤にはアザチオプリン(商品名:イムラン®など)、メルカプトプリン(商品名:ロイケリン®など)があります。

生物学的製剤

近年医学の進歩に伴い、症状の原因となっている物質の解析や原因物質を阻害する薬の開発が進んでいます。クローン病で有効性が認められている生物学的製剤として、炎症物質であるTNF(TNFα)を阻害するTNF阻害薬とIL-12とIL-23の作用を抑える抗IL-12/23抗体があります。TNF阻害薬にはインフリキシマブ(商品名:レミケード®)、アダリムマブ(商品名:ヒュミラ®)、抗IL-12/23抗体にはウステキヌマブ(商品名:ステラーラ®)があります。TNF阻害薬や抗IL-12/23抗体は中等症から重症のクローン病の人に使います。

抗菌薬

肛門周囲膿瘍などの肛門の病変がある場合に使われることが多いです。これは、肛門周囲膿瘍には細菌による感染の要素が加わっている場合があるからです。クローン病に使われる抗菌薬にはメトロニダゾール(商品名:フラジール®など)、シプロフロキサシン(商品名:シプロキサン®など)があります。

白血球除去療法

クローン病は白血球という免疫細胞との関連が知られています。薬物治療で十分よくならない場合、一時的に白血球除去療法が行われることがあります。白血球除去療法は血液を取り出し、白血球を取りのぞいた後に、血液を体内に戻す治療法です。

手術

クローン病は薬物による治療が主体ですが手術をすることもあります。手術は生命の危機に関わる緊急的な状況と、それほど急がない(待機的な)状況の2つの場面で用いられます。以下が緊急手術が必要な場合と待機的な手術を検討する場合の例です。

  • 緊急で手術をする場合
    • 腸に穴があく:腸穿孔(ちょうせんこう)
    • 腸から血がたくさん出る:大量出血
    • 大腸が異常に膨らみ中に大量のガスがたまる:中毒性巨大結腸症
  • 待機的な手術をする場合
    • 腸の中が狭くなっている:狭窄(きょうさく)
    • 腸同士や皮膚に穴ができている:孔(ろうこう)の形成
    • 肛門の周りから膿がでる:痔瘻(じろう)

緊急で手術をするのは生命に危険が迫っているときです。腸に穴が開くことや腸から出血することなどはいずれも深刻な状態なので速やかに手術をしなければなりません。

緊急時には様々なケースが考えられ、そのため手術の方法も様々です。手術の方法は、原因に対して最も効果があり、手術後の経過がよいと考えられるものが選ばれます。

待機的な手術の目的は、腹痛などの症状を改善し栄養状態を良くすることなどです。手術だけでクローン病を治すことは出来ないのですが、薬物治療を継続する上でも腹痛などの症状や栄養状態を良くしたりすることは重要なことです。

クローン病の手術に関しては「クローン病の治療」で詳しく解説しているので合わせて参考にしてください。

7. クローン病は難病なのか

原因が十分にわかっておらず治療法が確立されていない疾患は、厚生労働省が指定難病(難病)に分類しています。クローン病は指定難病の一つになります。また、指定難病は国が定めた基準を満たせば、医療費助成を受けることができます。具体的な難病の手続きに関しては「クローン病の人の日常生活の注意点」で説明しています。

8. クローン病患者の日常生活における注意点

クローン病の多くの方は治療の継続が必要であり、病気との付き合いも長くなります。病気と付き合っていく上で日常生活でも注意点があります。「クローン病の人の日常生活の注意点」では、食事や妊娠の注意点に関しても説明しています。