とけつ
吐血

吐血の基礎知識

概要

吐血では、吐いた血の色が重要です。真っ赤な血を吐くのは食道の病気、こげ茶色など変色した血を吐くのは胃・十二指腸の病気が多いです。片手ですくい切れないような大量の吐血が突然あった場合には、救急車での受診が適しています。

原因とメカニズム

食道、胃、十二指腸で出血が起こると、吐血として口から血を吐くことがあります。食道であれば真っ赤な血、胃・十二指腸であればこげ茶色〜黒色であることが多いです。

症状から考えられる病気

真っ赤な血

マロリー・ワイス症候群食道静脈瘤食道がんなどが考えられます。

こげ茶色〜黒色の血

胃、十二指腸で出血があって、しばらくしてから吐いたり、胃の内容物と混ざったりすると、こげ茶色〜黒色になります。胃・十二指腸潰瘍、急性胃粘膜病変胃がんが考えられます。

何度も吐いた後に吐血した

マロリー・ワイス症候群の可能性があります。飲酒して酔ったときなどに起こります。

お腹が痛い

胃・十二指腸潰瘍、急性胃粘膜病変、マロリー・ワイス症候群が考えられます。

元々肝臓が悪い

食道静脈瘤の可能性があります。

怖い病気

食道静脈瘤

B型肝炎C型肝炎アルコール性肝障害などが進行し、肝硬変になっている人は要注意です。食道静脈瘤が破裂すると、大量に出血します。すぐに処置が必要です。肝硬変の人が吐血した場合はすぐに救急車での受診が必要です。

受診の目安

吐血した場合は、病院を受診したほうがいいです。 特に真っ赤な血を吐いた場合、肝硬変を持っている場合、片手ですくえないくらいの量の血を吐いた場合は、すぐに受診しましょう。

診療科

消化器内科

消化器内科で、胃カメラを受けることができます。

検査

胃カメラ

食道、胃の状態を観察することができます。

治療

原因に応じた治療が行われます。大量の出血によって、貧血になっていないか注意が必要です。



関連するリンク
MEDLEYニュース新着記事