2015.06.28 | ニュース

膝関節症の手術後はリンパマッサージで膝の曲がりを良く、人工膝関節全置換術後の効果

ランダム化比較試験により検証
from Archives of physical medicine and rehabilitation
膝関節症の手術後はリンパマッサージで膝の曲がりを良く、人工膝関節全置換術後の効果の写真
(C) StockRocket - Fotolia.com

「徒手的リンパドレナージ」は、リンパ液の流れをよくする目的で行われ、手で身体を圧迫することで、むくみの改善などが期待できると言われています。今回の研究では、膝の手術のあと早期の徒手的リンパドレナージの効果を検証した結果、膝の関節可動域が改善したことが報告されました。

◆徒手的リンパドレナージを施行する群としない群にランダムに振り分け

今回の研究では、膝の大きな手術である「人工膝関節全置換術」を受けた患者43名を、徒手的リンパドレナージを行う群と行わない群の2群にランダムに振り分け、膝関節を動かせる範囲の広さや痛みなどに対する効果を、以下のように検証しました。

介入:術後2〜4日の徒手的リンパドレナージ(行わなかった場合が対照)。どちらの群も伝統的な手術に付随した理学療法を行った。

臨床評価:手術前後および手術後徒手的リンパドレナージ後(2〜4日)、術後6週で実施した。

臨床評価は、膝関節の屈曲、伸展の自動関節可動域、下肢の周径(足首、膝蓋骨中央、大腿、ふくらはぎ)、[...]膝の痛みとした。

 

◆徒手的リンパドレナージを行うと、膝関節の屈曲可動域がより改善する

調査の結果、以下のことを報告しました。

有意な群効果は自動の膝関節可動域に認められ、post hoc検定によって徒手的リンパドレナージを行った群では、行わなかった群と比較して、退院前最後の手術後4日および6週間後の評価で有意に改善が見られた。

ほかの患者立脚型アウトカムおよび機能に関して、有意な群効果は認められなかった。

徒手的リンパドレナージを行うと、行わない場合と比べて、術後4日と6週間後の時点で、膝を曲げる角度がより改善した、という結果でした。その他の評価には、差がありませんでした。

筆者らは、「徒手的リンパドレナージにより手術後6週間まで膝関節の可動域が改善する可能性がある」と述べています。

 

今回の研究結果のみではその効果は断定できませんが、人工膝関節全置換術後の膝関節可動域の改善はリハビリテーションの大きな目標でもあるため、今後の検証に期待したいです。

執筆者

MT

参考文献

Randomized trial investigating the efficacy of manual lymphatic drainage to improve early outcome after total knee arthroplasty.

Arch Phys Med Rehabil. 2013 Nov

[PMID: 23810354]

※本ページの記事は、医療・医学に関する理解・知識を深めるためのものであり、特定の治療法・医学的見解を支持・推奨するものではありません。

関連記事 おすすめ 人気記事 病気について知る 病院を探す
MEDLEYニュース新着記事