2015.10.31 | ニュース

変形性膝関節症の痛みを改善するなら手術をした方がよい

ランダム化比較試験により検証
from The New England journal of medicine
変形性膝関節症の痛みを改善するなら手術をした方がよい の写真
(C) pankajstock123 - Fotolia.com

変形性膝関節症は膝の痛みから日常生活をうまく送れなくなる病気です。リハビリや薬の治療(保存療法)のほか、関節を人工関節に置き換える手術を行うことがあります。今回の研究では、痛みの改善には保存療法と手術のどちらが良いか検証しました。

◆手術群と非手術群にランダムに振り分け

今回の研究は、中等度から重度の変形性膝関節症患者100人を以下のふたつの群にランダムに分けました。

  • 12週間の非手術期間のあとに、手術を行う群(手術群)
  • 12週間の非手術期間のあとも、手術を行わない群(非手術群)

この2群は、この他に専門家から運動や食事療法などについて指導を受けました。

 

◆手術をすると痛みは改善するが、悪影響も起きるかもしれない

以下の結果が得られました。

ITT解析により、人工膝関節全置換術群では、非手術群よりもKOOS4がより改善した(32.5 vs 16.0、調整済み平均差15.8、95%信頼区間10.0-21.5)。

人工膝関節全置換術群では、非手術群よりも重度な有害事象の数がより多かった(24 vs 6、p=0.005)。

変形性膝関節症では、手術をした方が12ヶ月後の痛み、日常生活の動作、症状がより改善するという結果でした。一方、手術をした群ではそれに伴って体に悪影響となること(有害事象)も多く起きていました。

 

変形性膝関節症に対する人工膝関節全置換術は、膝の痛みを軽くしたり、日常生活動作をうまく送るために行われるものです。しかし、年齢や患者さんの希望により、手術の適応や方法は異なります。医師から膝の手術を勧められた場合は、このような研究をもとに行われているということを心に留めておいても良いかもしれません。

執筆者

Shuhei Fujimoto

参考文献

A Randomized, Controlled Trial of Total Knee Replacement.

N Engl J Med. 2015 Oct 22

[PMID: 26488691]

※本ページの記事は、医療・医学に関する理解・知識を深めるためのものであり、特定の治療法・医学的見解を支持・推奨するものではありません。

関連記事 おすすめ 人気記事 病気について知る 病院を探す
MEDLEYニュース新着記事