へんけいせいしつかんせつしょう
変形性膝関節症
膝の関節にある軟骨がすり減って、関節がなめらかに動かなくなったり、動かすと痛みが出たりする状態
8人の医師がチェック 142回の改訂 最終更新: 2018.05.29

変形性膝関節症の基礎知識

POINT 変形性膝関節症とは

関節軟骨の老化やすり減りが主な原因の病気で、膝の痛みを生じます。女性に多く見られる病気であり、高齢になるほど発症しやすいです。肥満や遺伝、骨折や靭帯損傷などのケガも発症の一因となりえます。変形性膝関節症の症状としては、歩く時の膝の痛み、正座や階段の昇降が難しくなる、膝に水がたまる、などがあります。重症になると、じっとしていても膝に痛みが生じ、膝が変形してまっすぐ伸びなくなります。診断は問診や触診、レントゲン(X線)検査などにより行います。必要に応じてMRI検査を行う場合もあります。治療としては、症状が軽い場合には痛み止めの飲み薬や貼り薬を使用する、関節にヒアルロン酸の注射をする、リハビリを行う、などします。重症の場合には手術が検討されます。変形性膝関節症が心配な方や治療したい方は整形外科を受診してください。

変形性膝関節症について

  • 長期にわたる膝の摩擦により、膝の関節の軟骨がすり減る病気
  • 変形性膝関節症の主な原因は、膝の軟骨が年齢とともにタイヤのようにすり減ること
    • 加齢以外にも、以下のような原因で軟骨がダメージを受けるとすり減りやすくなる
      肥満
      ・運動のしすぎ
      ・膝の靭帯半月板などのケガ
      細菌の感染(化膿性関節炎
      関節リウマチ など
  • 軟骨のダメージが進むと骨にも影響が出る
  • 発症には遺伝も関係するとされている
  • 男女比1:4で女性に多く発症する

変形性膝関節症の症状

  • 膝の痛み・腫れ・動かしくさ・こわばり・水がたまる
    • 関節リウマチなどの炎症がある場合と違い、熱さや赤みはないことが多い
    • 関節の周りの組織がこわばって動かしにくくなる(拘縮:こうしゅく)
  • 膝がきしむような音
  • 膝の変形
  • 症状は、軟骨がどの程度擦り減っているかによって変わる
  • 初期の症状としては、膝を動かし始めたとき、立ち上がろうとしたときなどの痛みが特徴的
  • 重症になると、骨と骨とがこすれ、日常生活に支障が出る
    • 膝が曲がらなくなる
    • 歩くのも困難なほどの痛みが出る

変形性膝関節症の検査・診断

  • まずは問診や診察から変形性膝関節症が疑われる
  • レントゲンX線)検査
    • 膝の上の骨(大腿骨)と下の骨(脛骨)の間で、軟骨が擦り減っているかどうかなどを調べる
  • MRI検査
    • 膝の状態をより詳細に調べるために、必要に応じて行われる

変形性膝関節症の治療法

  • 治療は、まず日々の生活でできることから行う
    • 肥満の人はダイエットをして膝への負担を減らす
    • 膝に強い痛みが出る過度な運動は控える
    • 下半身の筋肉を付けることは、症状を和らげ骨への負担を減らすことにつながる
      ・プールやリハビリテーションなどで筋肉を付ける運動をすることは有効
      ・太ももの筋肉を鍛えると良いと言われているが、方法によっては悪化するので専門家の指導を受ける
  • 痛みが強い場合は、膝にサポーターをつけて膝の負担を軽くする場合がある
  • 鎮痛薬(NSAIDsなど)の飲み薬や貼り薬を使って痛みを抑える
  • 痛みが十分に押さえられない場合には、関節内にヒアルロン酸注射を行うこともある
    • ヒアルロン酸が関節の潤滑油となり一時的に症状が改善する
    • ただし、ヒアルロン酸の注入で症状が改善するのは一時的なものである
    • ヒアルロン酸などの飲み薬で変形性膝関節症が良くなることは基本的にないと考えて良い
  • 痛みがひどく、日々の生活に支障が出る場合には手術を行う
    • 状況によって適切な手術は変わるが、多くの場合以下の3つ
      関節鏡手術(骨の端の、尖った部分を切り落とす)
      骨切り術(骨を切って関節へかかる体重の負担を減らす)
      ・人工関節置換術(膝関節の骨を人工関節に取り替える手術)
  • 手術の後には以下のことを注意する
    • 体重を増やさないようにする
    • 重いものを持ったり、重労働をしない
    • 正座やしゃがみこむ動作をしない(特に人工関節置換術後)
    • 過度な安静はせず、散歩など適度な運動を行う

変形性膝関節症に関連する治療薬

非ステロイド性抗炎症薬 (NSAIDs)(外用薬)

  • 炎症を引き起こすプロスタグランジンの生成を抑え、関節炎や筋肉痛などを和らげる薬
    • 体内で炎症や痛みなどを引き起こす物質にプロスタグランジン(PG)がある
    • 体内でPGはシクロオキシゲナーゼ(COX)という酵素などにより生成される
    • 本剤はCOXを阻害しPG生成を抑えることで、炎症や痛みなどを抑える作用をあらわす
  • 薬剤によって貼付剤(貼り薬)、塗布剤(塗り薬)、坐剤(坐薬)など様々な剤形が存在する
    • 製剤によって使用回数や使用方法などが異なるため注意する
非ステロイド性抗炎症薬 (NSAIDs)(外用薬)についてもっと詳しく

非ステロイド性抗炎症薬 (NSAIDs)(内服薬・注射剤)

  • 体内で炎症などを引きおこすプロスタグランジンの生成を抑え、炎症や痛みなどを抑え、熱を下げる薬
    • 体内で炎症や痛み、熱などを引き起こす物質にプロスタグランジン(PG)がある
    • PGは体内でCOXという酵素などによって生成される
    • 本剤はCOXを阻害することでPGの生成を抑え、痛みや炎症、熱などを抑える作用をあらわす
  • 薬剤によっては喘息患者へ使用できない場合がある
    • COX阻害作用により体内の気管支収縮を引きおこす物質が多くなる場合がある
    • 気管支収縮がおきやすくなることよって喘息発作がおこる可能性がある
非ステロイド性抗炎症薬 (NSAIDs)(内服薬・注射剤)についてもっと詳しく

変形性膝関節症の経過と病院探しのポイント

変形性膝関節症が心配な方

変形性膝関節症は、加齢とともに生じる膝関節の変形によりしつこい痛みが続く病気です。ある日突然痛みが生じるというよりも、最初は軽い痛みや動き初めのみ痛みが出現していたのが、月単位から年単位で徐々に痛みが強く、また痛みのある時間が長くなってきます。

長く続く膝の痛みが変形性膝関節症ではないかとご心配の方は、まずは整形外科のクリニックを受診されることをお勧めします。変形性膝関節症の診断のためには、診察とレントゲン、場合によっては膝の関節穿刺やMRI検査を行います。整形外科のあるクリニックや病院であればどこでも変形性膝関節症の診断は可能です。

変形性膝関節症に関連する診療科の病院・クリニックを探す

変形性膝関節症でお困りの方

変形性膝関節症の場合、手術をするかどうかが治療の大きな分かれ目になります。骨の変形があまり進行しておらず痛みがあっても日常生活が送れるような場合には、痛み止めや関節への注射で炎症を押さえたり、サポーターを装着したりといった対応を行います。

手術を行う場合には、骨の変形した部分を切除する関節鏡手術、骨の角度を変えて体重のかかり方を改善させる骨切り術、膝の骨を人工関節に置き換える人工関節置換術があります。重症度と年齢、そして変形の程度によってどの手術が適切かが決まってきます。

手術は整形外科で行われます。病院を探す際には、整形外科専門医がいることや、年間で行われている手術の件数が(周囲の病院と比較して)少なすぎないことも一つの参考として良いかもしれません。

手術を行わない場合や、手術を行ったとしてもその後には必ずリハビリテーションを行います。膝周囲の筋肉量を増すことで、膝関節への負担を減らすことができるためです。リハビリの専門家である理学療法士と連携しながら進めていくことになりますので、患者さん一人あたりのスタッフ数や、リハビリ設備(リハビリ室や器具)の充実度といったところも病院を探す際に参考になるところです。

変形性膝関節症に関連する診療科の病院・クリニックを探す

変形性膝関節症が含まれる病気

変形性膝関節症のタグ

変形性膝関節症に関わるからだの部位

MEDLEYニュース新着記事