非ステロイド性抗炎症薬 (NSAIDs)(外用薬)
炎症を引き起こすプロスタグランジンの生成を抑え、関節炎や筋肉痛などを和らげる薬
同義語:
エヌセイズ 非ステロイド性消炎鎮痛薬

非ステロイド性抗炎症薬 (NSAIDs)(外用薬)の解説

非ステロイド性抗炎症薬 (NSAIDs)(外用薬)の効果と作用機序

  • 炎症を引き起こすプロスタグランジンの生成を抑え、関節炎や筋肉痛などを和らげる薬
    • 体内で炎症や痛みなどを引き起こす物質にプロスタグランジン(PG)がある
    • 体内でPGはシクロオキシゲナーゼ(COX)という酵素などにより生成される
    • 本剤はCOXを阻害しPG生成を抑えることで、炎症や痛みなどを抑える作用をあらわす
  • 薬剤によって貼付剤(貼り薬)、塗布剤(塗り薬)、坐剤(坐薬)など様々な剤形が存在する
    • 製剤によって使用回数や使用方法などが異なるため注意する

非ステロイド性抗炎症薬 (NSAIDs)(外用薬)の薬理作用

体内で炎症や痛みなどを引き起こす物質にプロスタグランジン(PG)がある。体内でPGはシクロオキシゲナーゼ(COX)という酵素の作用などによって生成される。

非ステロイド系抗炎症薬(NSAIDs)はCOXを阻害することでPGの生成を抑え、炎症や痛みなどを抑える作用をあらわす。本剤はNSAIDsの外用製剤であり、貼付剤(貼り薬)、塗布剤(塗り薬)、座剤など様々な剤形があり症状やその用途によって選択して使用する。

非ステロイド性抗炎症薬 (NSAIDs)(外用薬)の主な副作用や注意点

  • 使用部位における局所での副作用
    • 発疹発赤、刺激感などの症状があらわれる場合がある
  • 全身への副作用
    • 外用薬においても喘息発作などの症状があらわれる可能性があるので注意する
    • 坐薬(坐剤)に関しては内服薬と同様(又はそれ以上)の作用があらわれる可能性もあるので十分注意する

非ステロイド性抗炎症薬 (NSAIDs)(外用薬)の一般的な商品とその特徴

モーラス

  • リウマチによる関節痛などに使用する場合もある(特にテープ剤)
  • 光線過敏症に関しての注意
    • 頻度は稀であるが、重篤化する場合もあるので十分注意する
    • 本剤の貼付部を紫外線にあてると、紅斑発疹、刺激感などの皮膚症状があらわれる場合がある
    • 本剤をはがした後もその部位を少なくとも4週間は紫外線にあてないように注意する

ロキソニン

  • 剤形に関して
    • 貼付剤(パップ、テープ)、塗布剤(ゲル)もあり症状や用途などに合わせて選択が可能である

MS温湿布、MS冷湿布

  • 本剤の「温」と「冷」の違いは成分に「温:トウガラシエキス」、「冷:メントール」を含む点
  • 刺激性があるため、本剤に触れた手で眼や鼻腔などに触れないように注意する

ボルタレン

  • 剤形に関して
    • 貼付剤(テープ)、塗布剤(ゲル)、坐剤(サポ)もあり症状や用途などに合わせて選択が可能

インテバン

  • 剤形に関して
    • 塗布剤(軟膏、クリーム、外用液)、坐剤もあり症状や用途などに合わせて選択が可能

非ステロイド性抗炎症薬 (NSAIDs)(外用薬)を使う主な病気

  • 変形性膝関節症

    膝の関節の中にある軟骨がすり減って、関節がなめらかに動かなくなったり、動かすと痛みが出たりする状態
    骨・関節
    整形外科
  • 腰椎捻挫(ぎっくり腰)

    急に重いものをもちあげたり、体を強くひねったりすることで、背骨のまわりの組織に障害が生じ、急激な痛みが出た状態
    背中・腰・腎臓・膵臓・その他
    骨・関節
    整形外科
    救急科
  • 肩関節周囲炎(五十肩)

    痛みにより、肩を動かすことができなくなる病気。五十肩や四十肩とも呼ばれる
    骨・関節
    整形外科
  • 変形性肘関節症

    長年の使用や肘へ繰り返される負担によって、軟骨がすり減ったり、骨の変形が生じたりした状態
    骨・関節
    整形外科
  • 腰痛症

    さまざまな原因により、腰が痛くなる病気の総称
    背中・腰・腎臓・膵臓・その他
    整形外科

薬を使う主な病気一覧


MEDLEYニュース新着記事