えふえっくすえーそがいやく

FXa阻害薬(抗凝固薬)

体内の血液が固まる作用の途中を阻害し、血栓の形成を抑え脳梗塞や心筋梗塞などを予防する薬

FXa阻害薬(抗凝固薬)の解説

FXa阻害薬(抗凝固薬)の効果と作用機序

  • 体内の血液が固まる作用の途中を阻害し、血栓血管や心臓の中にできた、血のかたまりのこと。血流が悪くなることが原因で、生じることが多いの形成を抑え脳梗塞心筋梗塞などを予防する薬
    • 血液が固まりやすくなると血栓ができやすくなる
    • 血液凝固(血液が固まること)には血液を固める要因になる物質(血液凝固因子)が必要である
    • 本剤は血液凝固因子の因子Xa(FXa)を阻害し、抗凝固作用をあらわす

FXa阻害薬(抗凝固薬)の薬理作用

 

体内の血液凝固(血液が固まること)には血液を固める要因になる物質(血液凝固因子)が必要となる。血液凝固因子が活性化すると血液凝固が促進され血栓ができやすくなり脳梗塞などがおこりやすくなる。

本剤は血液凝固因子の一つである因子Xa(FXa)を阻害することで結果的に血栓の元になる物質であるフィブリンの産生を抑えて血液の抗凝固作用をあらわす。

FXa阻害薬(抗凝固薬)の主な副作用や注意点

  • 出血傾向
    • あおあざができやすい、皮下や歯ぐきの出血、鼻血などがみられる場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する
  • 手術や抜歯などの出血を伴う可能性がある治療を受ける場合の注意
    • 本剤を服用中であることを伝え担当の医師と相談する

FXa阻害薬(抗凝固薬)の一般的な商品とその特徴

イグザレルト

  • 通常は、1日1回服用する
  • 本剤と飲み合わせに注意する薬剤
    • 真菌病気の原因となる微生物のうち、かびの仲間のこと。細菌に対する薬である抗菌薬は効果がなく、真菌感染症には抗真菌薬が用いられる薬などで原則として本剤と併用してはならない薬剤(例:イトラコナゾール など)がある
  • 腎機能腎臓の機能。腎臓がどれだけ血液をろ過してきれいにできるかを示す。血液検査でクレアチニンの値を元に判断されるなどによっても服用量が変更になる場合がある

エリキュース

  • 通常は、1日2回に分けて服用する
  • 年齢や体重、腎機能腎臓の機能。腎臓がどれだけ血液をろ過してきれいにできるかを示す。血液検査でクレアチニンの値を元に判断されるなどによっても服用量が変更になる場合がある

リクシアナ

  • 通常は、1日1回服用する
  • 年齢や体重、腎機能腎臓の機能。腎臓がどれだけ血液をろ過してきれいにできるかを示す。血液検査でクレアチニンの値を元に判断される、治療する疾患などによっても服用量が変更になる場合がある

FXa阻害薬(抗凝固薬)を使う主な病気