白金製剤(プラチナ製剤) - 解説(効能効果・副作用・薬理作用など) | MEDLEY(メドレー)
白金製剤(プラチナ製剤)
細胞増殖に必要なDNAに結合することでDNA複製阻害やがん細胞の自滅を誘導し抗腫瘍効果をあらわす薬

白金製剤(プラチナ製剤)の解説

白金製剤(プラチナ製剤)の効果と作用機序

  • 細胞増殖に必要なDNAに結合することでDNA複製阻害やがん細胞の自滅を誘導し抗腫瘍効果をあらわす薬
    • がん細胞は無秩序な増殖を繰り返したり転移を行うことで、正常な細胞を障害し組織を壊す
    • 細胞の増殖には遺伝情報をもつDNAの複製が必要となる
    • 本剤はがん細胞のDNAと結合し、DNAの複製とがん細胞の自滅を誘導することで抗腫瘍効果をあらわす
  • 本剤は薬剤の構造中に白金(プラチナ:Pt)を含むため白金製剤と呼ばれる

白金製剤(プラチナ製剤)の薬理作用

がん細胞は無秩序な増殖を繰り返し、正常な細胞を障害し組織を壊したり、転移を行うことで本来がんのかたまりがない組織でも増殖を行う。細胞の増殖には遺伝情報が刻まれたDNAの複製が必要となる。

本剤はがん細胞のDNAと結合することでDNAの複製を阻害し、がん細胞の自滅(アポトーシス)を誘導することで抗腫瘍効果をあらわす。本剤は薬剤の構造の中に白金(プラチナ:Pt)を持つため、白金製剤と呼ばれる。

白金製剤(プラチナ製剤)の主な副作用や注意点

  • 消化器症状
    • 吐き気、食欲不振、下痢などがあらわれる場合がある
  • 皮膚症状
    • 脱毛、発疹色素沈着などがあらわれる場合がある
  • 聴力障害、耳鳴り
    • (高音域の)聴力低下、難聴、耳鳴りなどがあらわれる場合がある
  • 骨髄抑制
    • 白血球減少、好中球減少、血小板減少などがあらわれる場合がある
    • 突然の高熱、寒気、喉の痛み、手足に点状出血、あおあざができやすい、出血しやすいなどがみられた場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する
  • 急性腎障害
    • 尿量が少なくなる、ほとんど尿が出ない、一時的に尿量が多くなる、むくみなどがみられる場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する

白金製剤(プラチナ製剤)の一般的な商品とその特徴

ランダ

  • シスプラチン製剤
  • 小細胞肺がん胃がん、非肺小細胞がん、尿路上皮がんなど数多くのがんに使用する
  • 本剤に対する制吐薬として、5-HT3受容体拮抗薬・NK1受容体拮抗薬・デキサメタゾンの併用が推奨されている

パラプラチン

  • カルボプラチン製剤
  • 非小細胞肺がん卵巣がん子宮頸がんなどに使用する
  • シスプラチンに比べ、一般的に腎毒性、吐き気などの軽減が期待できる

エルプラット