SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)
脳内の神経伝達を改善し、憂うつな気分を和らげ意欲などを改善する薬

SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)の解説

SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)の効果と作用機序

  • 脳内の神経伝達を改善し、憂うつな気分を和らげ意欲などを改善する薬
    • うつ病では脳内の神経伝達物質であるセロトニンやノルアドレナリンの量が少なくなっている
    • 本剤は一度放出されたセロトニンとノルアドレナリンの細胞内への回収(再取り込み)を阻害することで脳内のセロトニンとノルアドレナリンの量を増やし、抗うつ効果をあらわす
  • 神経障害に伴う疼痛(神経障害性疼痛)などに使用される場合もある
  • 副作用は投与初期に出現することが多いが、継続するうちに軽減、消失する傾向にあるとされる

SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)の薬理作用

うつ病では脳内の神経伝達物質であるセロトニンやノルアドレナリンの量が少なくなっている。脳内のこれらの物質が不足すると不安や気分の落ち込み、意欲の低下などいった症状があらわれる。

脳内に一度放出された神経伝達物質などが細胞内へ回収されることを「再取り込み」という。セロトニンやノルアドレナリンの再取り込みを阻害すると脳内のこれらの神経伝達物質の量が増える。

本剤(SNRI)はセロトニンとノルアドレナリンの再取り込みを阻害し、これらの量を増やし神経伝達を改善し、抗うつ作用をあらわす。また本剤は、下行性疼痛抑制系を賦活(活性化)することで鎮痛効果があるとされ、薬剤によっては神経障害性疼痛などを緩和する選択肢となる場合もある。

なお、本剤のSNRIとは「Serotonin Noradrenaline Reuptake Inhibitor(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)」の略称。

SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)の主な副作用や注意点

  • 精神神経系症状
    • 眠気、めまい、ふらつき、頭痛、不随意運動などの症状があらわれる場合がある
  • 消化器症状
    • 吐き気、嘔吐、便秘、口渇、腹部膨満感などの症状があらわれる場合がある
  • 泌尿器症状
    • 排尿障害尿閉などの症状があらわれる場合がある

SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)の一般的な商品とその特徴

サインバルタ

トレドミン

  • 一般的に食後に服用することが望ましい
    • 空腹時に服用すると吐き気などが強く出る場合がある
  • 前立腺肥大などの尿閉のある患者へは原則として使用しない

イフェクサーSR

  • 通常、1日1回服用、の徐放性製剤
  • 用量が低用量では主にセロトニン系に作用し、高用量ではセロトニン系とともにノルアドレナリン系の作用がより高まる特徴が確認されている