おうかくまくへるにあ
横隔膜ヘルニア
横隔膜に薄い部分があるため胃や小腸などが横隔膜の上側に飛び出した状態
6人の医師がチェック 60回の改訂 最終更新: 2017.12.06

横隔膜ヘルニアの基礎知識

POINT 横隔膜ヘルニアとは

横隔膜ヘルニアは横隔膜に薄い部分があるため胃や小腸などが横隔膜の上側に飛び出した状態です。生まれつきヘルニアのある場合と加齢とともにヘルニアになってしまう場合があります。主な症状は胸やけ・胸痛・飲み込みにくいなどになりますが、特に鉄欠乏性貧血を伴うことがあります。 症状や身体診察に加えて、画像検査や内視鏡検査で診断します。治療では胃酸を抑える薬を用いたり食事の摂り方を工夫したりします。症状がなかなか治らない場合は手術を行うこともあります。横隔膜ヘルニアが心配な人や治療したい人は、消化器内科や消化器外科を受診して下さい。

横隔膜ヘルニアについて

  • 横隔膜に薄い部分があるため胃や小腸などが横隔膜の上側に飛び出した状態
  • 飛び出しやすくなる原因は以下のものが考えられる
    • 生まれつきの食道裂孔(食道が通っている横隔膜の穴)がゆるい
    • 腹腔内圧(お腹の中の圧力)の上昇している
    • 横隔膜を構成している組織がもろい
    • 肥満
    • 慢性の咳   など
  • 主な原因
    • 生まれつきヘルニアが起こっている先天性横隔膜ヘルニア
    • 生まれた後からヘルニアの起こる場合を後天性横隔膜ヘルニアという
      ・多くの場合は高齢になってから、ひどい咳をしたときや腹部を打撲したときに生じる
  • 胃や小腸が飛び出す孔の位置によって呼び名が変わる
  • 起こりやすい部位
    • 最も多いのは後天性に発生する食道裂孔ヘルニア
    • 先天性には脾臓の近くにあるボクダレック孔から飛び出すことが多い(ボクダレック孔ヘルニア)
  • 食道裂孔ヘルニア胆石症大腸憩室症は肥満のある中年女性の多いと言われている
  • 胃食道逆流症を起こしやすい
  • 先天性横隔膜ヘルニアは難病指定疾患であるので、状況に応じて医療費補助の申請が可能である

横隔膜ヘルニアの症状

  • 主な症状
    • 先天性の場合
      ・出生直後から重度の呼吸障害や高度のチアノーゼを伴った多呼吸が見られる
      ・胸部は樽状に膨らみ、腹部は凹む
    • 後天性の場合
      ・胸やけ
      ・胸痛
      ・飲み込みにくい
      鉄欠乏性貧血
  • 特徴的な症状
    • 症状は立位(立った姿勢)や座位(座った姿勢)で軽くなり、臥位(寝た姿勢)や腹圧をかけると悪くなる

横隔膜ヘルニアの検査・診断

  • 腹部レントゲン検査:ヘルニアの有無を調べる
    • 上部消化管造影検査
  • 上部消化管内視鏡:横隔膜の状態を調べる
  • 胸部CT検査:横隔膜の状態を調べる

横隔膜ヘルニアの治療法

  • 主な治療
    • 薬物療法
      ・プロトンポンプ阻害薬:胃酸の分泌を抑え、胃食道逆流症の悪化を防ぐ
      消化管運動機能改善薬
    • 外科的治療
      ・手術で飛び出した臓器をもとの位置に戻す
  • 腹圧が上昇すると胃食道逆流症が悪化するので、それを防ぐ
    • 1回食事量を制限
    • 脂肪摂取の制限
    • 便秘にならないようにする
    • 肥満にならないようにする

横隔膜ヘルニアが含まれる病気

横隔膜ヘルニアのタグ

横隔膜ヘルニアに関わるからだの部位

医師登録をしてMEDLEYの編集に協力する