[医師監修・作成]播種性血管内凝固(DIC)とは? 症状、原因、検査、治療など | MEDLEY(メドレー)
はしゅせいけっかんないぎょうこ(でぃーあいしー)
播種性血管内凝固(DIC)
感染症や癌、外傷など様々な重症疾患が原因となって、全身の血管に血栓ができたり、出血しやすくなったりする状態。
9人の医師がチェック 214回の改訂 最終更新: 2020.06.17

播種性血管内凝固(DIC)とは? 症状、原因、検査、治療など

播種性血管内凝固(DIC)は血管の中で「血を固める仕組み」と「血をサラサラにする仕組み」のバランスが崩れた状態です。血の固まりが身体のいたるところにできることで全身の内臓がダメージを受けるとともに、出血を起こしやすくもなります。DICは命を落とす危険性のある重篤な状態です。DICの原因となる病気の治療やヘパリン、トロンボモジュリンなどの薬を使った治療を行います。

1. 播種性血管内凝固(DIC)とは何か?

播種性血管内凝固(はしゅせいけっかんないぎょうこ)は身体の中で血を固める作用と血をサラサラにする作用のバランスが崩れることで起こる病気です。英語の頭文字を取ってDIC(ディーアイシー)と呼ばれることが多いです。播種(はしゅ)には「ばらまかれる」という意味があり、全身の血管のあちこちに血栓と呼ばれる血の固まりができるため、このような病名がつけられています。また、血栓ができやすくなるだけでなく、出血も同時起こりやすくなります。

2. 播種性血管内凝固(DIC)の症状:血栓症状、出血症状

DICの症状は血管の中で血が固まることで起こる「血栓症状」と血がサラサラになることで起こる「出血症状」に分けられます。DICでは全身の血管の中で血が固まりができ、内臓に栄養や酸素が行き届かなくなって大きなダメージを受けます(血栓症状)。また、全身の内臓がダメージを受けることで多臓器不全という、全身の内臓が壊された状態となってしまいます。

出血症状では皮膚にあざが出来やすくなったり、頭の中で出血を起こし、意識がなくなってしまうこともあります。血栓症状も出血症状も命に関わる非常に危険な状態です。

3. 播種性血管内凝固(DIC)の原因:感染症、がん、白血病など

身体の中には凝固系と呼ばれる出血時に血を固める仕組みと、不必要になった血液の固まりを溶かす線溶系という仕組みがあります。DICは凝固系と線溶系のバランスが崩れることで、血の固まりが大量に血管内にできると同時に、出血が起きやすくなるということが起こります。この凝固系と線溶系のバランスの乱れは、単独で起こるというよりは、重症感染症がん白血病などの命に関わるような病気が引き金となっていることが多いです。こちらのページでは、感染症、がん、白血病とDICの関係についても説明しています。

4. 播種性血管内凝固(DIC)の検査:血液検査など

DICの検査としては問診、身体診察、血液検査を行います。問診とは医師などの質問に答える形で身体の状態や生活背景を伝えることをいいます。身体診察では血栓、出血の兆候がないかや、原因となる病気のサインがないかを調べていきます。DICの診断においては、血液検査が特に重要であり、FDP、フィブリノーゲン、プロトロンビン時間などの値を確認することで、凝固系と線溶系のバランスや、DICの重症度を把握していきます。検査の詳細はこちらのページで説明しています。

5. 播種性血管内凝固(DIC)の治療

播種性血管内凝固(DIC)の治療では、原因となっている病気そのものの治療をすることが重要です。これに加えて凝固系と線溶系のバランスの乱れを改善するため、以下の治療も行います。

こちらのページではそれぞれの治療薬について詳しく説明しています。

6. 病気の見通しはどれくらいか

播種性血管内凝固(DIC)は非常に見通しが悪い病気です。原因となってる病気によって病気の見通しは異なりますが、例えば感染症を原因としてDICを起こした場合の1ヶ月後の死亡率は30-40%程度であると報告されています。そのほか、「再発」や「妊娠時に起こる産科DIC」についてはこちらのページにて説明しています。

参考文献

日本血栓止血学会学術標準化委員会 DIC 部会, 科学的根拠に基づいた感染症に伴う DIC 治療のエキスパートコンセンサス. 血栓止血誌 20(1)77-113, 2009. (2020.6.12閲覧)