[医師監修・作成]播種性血管内凝固(DIC) - 詳細情報 | MEDLEY(メドレー)
はしゅせいけっかんないぎょうこ(でぃーあいしー)
播種性血管内凝固(DIC)
感染症や癌、外傷など様々な重症疾患が原因となって、全身の血管に血栓ができたり、出血しやすくなったりする状態。
9人の医師がチェック 214回の改訂 最終更新: 2020.06.17

播種性血管内凝固(DIC)の詳細情報

播種性血管内凝固(DIC)

播種性血管内凝固(DIC)は血管の中で「血を固める仕組み」と「血をサラサラにする仕組み」のバランスが崩れた状態です。血の固まりが身体のいたるところにできることで全身の内臓がダメージを受けるとともに、出血を起こしやすくもなります。DICは命を落とす危険性のある重篤な状態です。原因となる病気の治療やヘパリン、トロンボモジュリンなどの薬を使った治療を行います。