[医師監修・作成]機能性ディスペプシア - 詳細情報 | MEDLEY(メドレー)
きのうせいでぃすぺぷしあ
機能性ディスペプシア
胃もたれや胃のキリキリした痛みのような症状があるのにもかかわらず、内視鏡検査などの詳細な検査を行っても異常が見られない病気
6人の医師がチェック 98回の改訂 最終更新: 2020.05.15

機能性ディスペプシアの詳細情報

機能性ディスペプシア

機能性ディスペプシアとは、「みぞおちの痛み」や「食後の胃もたれ」などの症状が続いているのに、一般的な検査をしても異常が見当たらない状態のことです。主な治療法は生活習慣の改善と薬物療法です。