きかんしぜんそく
気管支喘息
アレルギーなどで空気の通り道(気道)に炎症が起こることで、気道が狭くなってしまう病気
25人の医師がチェック 267回の改訂 最終更新: 2024.02.16

気管支喘息の知識

喘息は日本の子どもの9%から14%ほど、成人(15歳以上)の6%から10%ほどがかかる、とても身近な疾患です。喘息がどのような病気か、ここでは説明していきます。

気管支喘息の検査で何がわかる?

喘息はとても多くの人がかかる病気であり、症状の様子や出たときの状況だけで喘息と考えても問題ないケースは多々あります。他の病気が隠れていないか、喘息としての重症度はどれくらいか、等を知るには検査が役に立ちます。 

喘息発作ではどんな薬を使う?自宅でも使える薬、注射、点滴など

喘息は発作を起こさないように普段からしっかりと治療していくのが大事です。しかし発作を起こしてしまった時の対応も重要です。ここでは発作が起きた時に使う薬剤に関して詳しく解説していきます。

気管支喘息の人はどんな生活をしたら良いのか

喘息は日本の子どもの9%から14%ほど、成人(15歳以上)の6%から10%ほどがかかる、とても身近な疾患です。ありふれた病気だからこそ、患者さん本人・家族のセルフケアが重要な病気でもあります。ここではセルフケアのポイントを解説します。

気管支喘息の原因は何?タバコや飲酒、運動、遺伝、アスピリン喘息など

喘息の原因は不明の部分もあります。喘息は日本の子どもの9%から14%ほど、成人(15歳以上)の6%から10%ほどがかかるという身近な病気です。ここでは、いま分かっている喘息発症の原因や、喘息患者さんの症状を悪くする要因について解説します。 

気管支喘息はどうやって治療するのか:吸入薬?内服薬?入院は必要?

気管支喘息は早期に適切な治療を開始することで、呼吸機能を維持して、症状をコントロールできます。治療の遅れは、呼吸機能に大きなダメージをもたらすことがあります。喘息治療の基本的な考え方や治療薬について説明します。

気管支喘息の吸入薬はどんな薬?ステロイド、ほかの吸入薬の効果と副作用

気管支喘息の治療において主役となる吸入薬に関して、吸入ステロイドを中心にそれぞれの薬剤を詳しく解説していきます。

気管支喘息の飲み薬はどんな薬?種類と効果・副作用

喘息には様々なタイプの薬がありますが、ここでは一番患者さんにとって馴染みやすいと思われる内服薬について詳しく解説していきます。

気管支喘息の注射、ゾレア®、ヌーカラ®、ファセンラ®、デュピクセント®はどんな薬?

重症の気管支喘息患者さんは、内服薬や吸入薬を多く使っていてもなかなか発作頻度を減らせない場合があります。そこで病院で定期的な注射を行うことがあります。ここでは、特殊な注射による治療薬に関して詳しく解説していきます。

気管支喘息の治し方は病院以外にない?食べ物・運動との関係は?

気管支喘息はよくある病気だからこそ、患者さんとその家族がしっかりと病気を理解して、日常生活で工夫をしていくことが重要な病気です。ここでは病院で処方される西洋薬以外の治療や予防法について解説します。 

気管支喘息(喘息、ぜんそく)とは? 咳喘息、気管支炎とは違う?

喘息は日本の子どもの9%から14%ほど、成人(15歳以上)の6%から10%ほどがかかる、とても身近な疾患です。喘息がどのような病気か、ここでは説明していきます。

気管支喘息の症状は?息切れ、咳、胸苦しさなど

喘息はありふれた病気ですが、その症状は多様です。ここでは喘息の症状やその重症さ、喘息以外に考えるべき病気などに関して解説します。