きかんしぜんそく
気管支喘息
アレルギーなどで空気の通り道(気道)に慢性的な炎症が起こることで、気道が狭くなってしまう病気
25人の医師がチェック 244回の改訂 最終更新: 2018.02.09

Beta 気管支喘息についての医師コメント

喘息は発作の起きていない時も治療をする事が非常に重要です。毎日の内服薬、吸入をする事も大事ですが、身の回りからアレルギーの原因となる物質を取り除く事も重要です。
家でできる事としては部屋を毎日掃除し、ホコリを除去したり、ぬいぐるみ、絨毯、布製の家具、観葉植物など汚れのたまりやすい家具を除去する、または毎日掃除する事などです。


匿名協力医師
病気や薬の豆知識
2015.11.12

喘息は、多かれ少なかれ、一生付き合っていくケースが多い疾患です。薬の種類や量を増やせば、症状をなくすことは、それほど難しいことではありません。
しかしながら喘息で本当に難しいのは、一旦増やした薬を減らしていく段階です。「ちょっとでも早く薬から開放されたい」と思って焦ると、また喘息の発作をぶり返してやり直しになってしまいます。
「この医師ならば今後長期間通院していっても信頼できる」と思える医師に巡り会えたら、自分の思いや疑問をしっかり伝えた上で、焦らず着実に、その時点その時点でちょうど良い薬の量を探していくことが重要です。


匿名協力医師
患者さんへのメッセージ
2015.03.04

喘息の方の気管支鏡写真を見たことがありますが、気管支の内側が赤く腫れていかにも刺激に弱そうでした。
皮膚で言ったらアトピーみたいなものです。ガサガサ傷ついた皮膚に塩水やとうがらしを塗ったら痛いですよね?
喘息の気管支も同じように刺激に弱くなっていて、ホコリやダニ、タバコの煙などに反応してしまい、咳が出たりヒューヒュー苦しくなったりするんです。
アトピーをよくするために塗り薬を塗るように、気管支の内側をきれいで丈夫にしてあげるため、ステロイド吸入薬や飲み薬をつかいます。
発作の時だけ気管支拡張薬を使っていても、おおもとの気管支の状態は良くならないのです。
どうかタバコはおやめになり、ステロイド吸入薬や飲み薬を続けて、気管支をきれいにしてあげてください。


匿名協力医師
患者さんへのメッセージ
2015.02.26

28歳女性。ハウスダストにアレルギーがあり、家の掃除やオフィスの掃除などの場面で喘息発作が起きてしまう。たまたま大掃除でたくさんの埃を吸ったせいで、今までで一番ひどい喘息発作で救急外来を受診。

採血、レントゲンを撮った後、酸素を投与してまずは呼吸を楽にしてあげたのち、炎症を抑えたりするために点滴の薬で、ステロイドを投与しました。3日後に元気に退院しましたが、今後は、吸入のステロイド薬を常用していただき、発作時にもすぐに吸えるような吸入薬を持っていただくようにしました。


匿名協力医師
実際の治療例
2015.02.18

MEDLEYニュース新着記事