ぱーきんそんびょう
パーキンソン病
脳からの命令を伝える物質のドパミンが不足し、体が自由に動かなくなる病気。排便・排尿障害やうつ、認知症を起こすこともある。
15人の医師がチェック 220回の改訂 最終更新: 2018.02.09

パーキンソン病の詳細情報

パーキンソン病

パーキンソン病は、手足が震えたり動きにくくなったりする病気で、脳の中のドパミンという物質が不足することを原因とします。パーキンソン病にはどんな検査や治療をするのでしょうか。パーキンソン病のあらましを解説します。



MEDLEYニュース新着記事