ぱーきんそんびょう
パーキンソン病
脳からの命令を伝える物質のドパミンが不足し、体が自由に動かなくなる病気。排便・排尿障害やうつ、認知症を起こすこともある。
15人の医師がチェック 220回の改訂 最終更新: 2018.02.09

Beta パーキンソン病についての医師コメント

転びやすくて危ないからと歩かせるのを渋ってはいけません。歩行練習などのリハビリは無理をしない範囲で積極的に行いましょう。重症な方であれば訪問リハビリを行うのが理想的です。


匿名協力医師
患者さんへのメッセージ
2015.03.21

動けなくなったため薬剤調整目的に入院となった方。入院中は動きが比較的よく、少し薬剤を変えただけで退院したが自宅でまた動けなくなった。やはりストレス下では動きが良くなることが特徴です。病院では動きが良くなることはよくあります。


匿名協力医師
実際の治療例
2015.03.21

◎パーキンソン病の方は、その症状のために転んでしまうことが多いです。「考え事をせず歩くことに集中すること」や、「人ごみに入る際は特に注意すること」といったアドバイスが有効な場合もあります。


匿名協力医師
患者さんへのメッセージ
2015.02.26

MEDLEYニュース新着記事