ニコレットフルーティミント

ニコレットフルーティミントの基本情報

ニコレットフルーティミントの概要

商品名 ニコレットフルーティミント
薬のタイプ 外用 / 指定第2類
製造会社 ジョンソン・エンド・ジョンソン
販売会社名 武田コンシューマーヘルスケア

ニコレットフルーティミントの特徴

●ニコレットフルーティミントはタバコをやめたいと望む人のための医薬品で,禁煙時のイライラ・集中困難などの症状を緩和します。(タバコをきらいにさせる作用はありません)
●使用期間は3ヵ月をめどとし,使用量を徐々に減らすことで,あなたを無理のない禁煙へ導きます。
●タバコを吸わない人や現在吸っていない人は,身体に好ましくない作用を及ぼしますので使用しないでください。
●シュガーレスコーティングで,かみやすいニコチンガム製剤です。

ニコレットフルーティミントの効果・効能

禁煙時のイライラ・集中困難・落ち着かないなどの症状の緩和。

ニコレットフルーティミントの構成成分

1個中 ニコチン2mg

ニコレットフルーティミントの用法・用量

タバコを吸いたいと思ったとき、1回1個をゆっくりと間をおきながら、30~60分間かけてかむ。
1日の使用個数は次記を目安とし、通常、1日4~12個から始めて適宜増減するが、1日の総使用個数は24個を超えないこと。
禁煙になれてきたら(1カ月前後)、1週間ごとに1日の使用個数を1~2個ずつ減らし、1日の使用個数が1~2個となった段階で使用をやめる。
なお、使用期間は3カ月をめどとする。
1回量:1個。
1日最大使用個数:24個。
使用開始時の1日の使用個数の目安
禁煙前の1日の喫煙本数20本以下の場合:1日4~6個使用。
禁煙前の1日の喫煙本数21~30本の場合:1日6~9個使用。
禁煙前の1日の喫煙本数31本以上の場合:1日9~12個使用。
<用法・用量に関連する注意>
1.タバコを吸うのを完全に止めて使用すること。
2.1回に2個以上かまないこと(ニコチンが過量摂取され、吐き気、めまい、腹痛などの症状が現れることがある。)。
3.辛みや刺激感を感じたらかむのを止めて、ほほの内側などに寄せて休ませること。
4.本剤はガム製剤であるので飲み込まないこと。また、本剤が入れ歯などに付着し、脱落・損傷を起こすことがあるので、入れ歯などの歯科的治療を受けたことのある人は、使用に際して注意すること。
5.コーヒーや炭酸飲料などを飲んだ後、しばらくは本剤を使用しないこと(本剤の十分な効果が得られないことがある。)。
6.口内に使用する吸入剤やスプレー剤とは同時に使用しないこと(口内・のどの刺激感、のどの痛みなどの症状を悪化させることがある。)。

ニコレットフルーティミントの主な副作用

1.次の人は使用前に医師,歯科医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
 (1)医師又は歯科医師の治療を受けている人
 (2)他の薬を使用している人
    (他の薬の作用に影響を与えることがある。)
 (3)高齢者及び20歳未満の人
 (4)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
 (5)次の症状のある人
    腹痛,胸痛,口内炎,のどの痛み・のどのはれ
 (6)次の診断を受けた人
    心臓疾患(心筋梗塞,狭心症,不整脈),脳血管障害(脳梗塞,脳出血等),バージャー病(末梢血管障害),高血圧,甲状腺機能障害,褐色細胞腫,糖尿病インスリン製剤を使用している人),咽頭炎,食道炎,胃・十二指腸潰瘍,肝臓病,腎臓病(症状を悪化させたり,現在使用中の薬の作用に影響を与えることがある。)
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
   〔関係部位〕   〔症  状〕
    口・のど  : 口内炎,のどの痛み
    消 化 器 : 吐き気・嘔吐,腹部不快感,胸やけ,食欲不振,下痢
    皮   膚 : 発疹発赤,かゆみ
    精神神経系 : 頭痛,めまい,思考減退,眠気
    循 環 器 : 動悸
    そ の 他 : 胸部不快感,胸部刺激感,顔面潮紅,顔面浮腫,気分不良
3.使用後,次のような症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,使用を中止し,この文書を持って医師,歯科医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
 (1)口内・のどの刺激感,舌の荒れ,味の異常感,唾液増加,歯肉炎
    (ゆっくりかむとこれらの症状は軽くなることがある。)
 (2)あごの痛み
    (他に原因がある可能性がある。)
 (3)しゃっくり,げっぷ
4.誤って定められた用量を超えて使用したり,小児が誤飲した場合には,次のような症状があらわれることがあるので,その場合には,この文書を持って直ちに医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
  吐き気,唾液増加,腹痛,下痢,発汗,頭痛,めまい,聴覚障害,全身脱力(急性ニコチン中毒の可能性がある。)
5.3ヵ月を超えて継続する場合は,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
  (長期・多量使用によりニコチン依存が本剤に引き継がれることがある。)

ニコレットフルーティミントの添付文書

PDFファイルを開く

※添付文書のPDFファイルは随時更新しておりますが、常に最新であるとは限りません。予めご了承ください。