抗ヒスタミン薬(内服薬・注射剤・貼付剤)を使用する主な病気(気管支喘息、アトピー性皮膚炎)など | MEDLEY(メドレー)
抗ヒスタミン薬(内服薬・注射剤・貼付剤)
抗ヒスタミン作用(体内物質ヒスタミンの働きを抑える作用)によりアレルギー反応を抑えることで蕁麻疹、花粉症、喘息などによる、皮膚の腫れや痒み、鼻炎(くしゃみや鼻みずなど)、咳などの症状を改善する薬
同義語:
H1受容体拮抗薬

抗ヒスタミン薬(内服薬・注射剤・貼付剤)を使う主な病気

  • 気管支喘息

    アレルギーなどで空気の通り道(気道)に炎症が起こることで、気道が狭くなってしまう病気
    胸(肺・心臓・その他)
    一般内科
    呼吸器内科
  • アトピー性皮膚炎

    アレルギーが原因の皮膚の病気。強い痒みのある湿疹が良くなったり悪くなったりしながら慢性的に出現する
    全身・その他
    皮膚
    皮膚科
    精神科・心療内科
  • じんましん(蕁麻疹)

    皮膚が赤く腫れ、短時間で消える症状。原因はアレルギー、物理的刺激、発汗など。市販薬にもある抗ヒスタミン薬の飲み薬が有効。原因不明で長引く場合もある
    皮膚
    アレルギー・膠原病科
    皮膚科
  • アレルギー性鼻炎

    鼻の粘膜でアレルギー反応が生じて、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどが起きる状態
    頭・顔・口
    首・のど
    皮膚
    一般内科
    アレルギー・膠原病科
    耳鼻咽喉科
  • 湿疹(皮膚炎)

    「かゆみや赤み」、「がさつき」、「ぶつぶつ」などを示す皮膚の異常
    皮膚
    皮膚科
  • 痒疹、ストロフルス

    強いかゆみのある丘疹(皮膚にできるポツポツ)ができる病気。虫さされから内臓の病気まで様々な原因で起こる
    全身・その他
    皮膚
    皮膚科
  • 皮膚掻痒症

    明らかな皮膚病変がないにもかかわらず、かゆみがでる病気
    皮膚
    皮膚科
  • 花粉症

    植物の花粉に対するアレルギー反応。症状として、くしゃみ、鼻水、目のかゆみなどの症状が起こる。
    アレルギー・膠原病科
    耳鼻咽喉科