2016.03.24 | コラム

花粉症治療薬「アレグラ」の飲み合わせ:風邪薬や頭痛薬を飲むときには注意が必要

抗ヒスタミン薬の重複や相互作用について
花粉症治療薬「アレグラ」の飲み合わせ:風邪薬や頭痛薬を飲むときには注意が必要の写真
(C) Andrey Popov - Fotolia.com

この記事のポイント

1.フェキソフェナフェナジン塩酸塩(主な商品名:アレグラ)の特徴について
2.アレグラの「薬の飲み合わせ」について

フェキソフェナジン塩酸塩(主な商品名:アレグラ)は医療用医薬品、OTC医薬品として花粉症などのアレルギー疾患に広く使われています。特に冬から春にかけてはスギ花粉の飛散量が増えるため使用が多くなることが予想される薬剤の一つです。

ここではフェキソフェナジン塩酸塩の「薬の飲み合わせ」に関して、主にアレグラ®を例にとって解説します。(なお、本記事に登場する薬剤に関して、株式会社メドレーは特定の製薬企業やその関係団体との利害関係はありません)

 

フェキソフェナジン塩酸塩は、抗ヒスタミン薬(抗ヒスタミン剤)という種類の薬剤の一つです。アレルギー反応などを引き起こす体内物質ヒスタミンの作用を阻害することで、抗アレルギー作用などをあらわします。

抗ヒスタミン薬はアレルギーなどに対して有効な作用をあらわす反面、中枢抑制作用や抗コリン作用(体内物質のアセチルコリンを阻害する作用)という作用をもち、抗ヒスタミン薬の特徴的な副作用として眠気、口渇、尿閉、便秘などが挙げられます。

フェキソフェナジン塩酸塩の最大の特徴は、眠気などの副作用が他の抗ヒスタミン薬に比べて一般的に軽減されているという点です。これによりフェキソフェナジン塩酸塩は高所作業者などにおいても服用可能な薬剤となっています。もちろん眠気などの副作用が全く出ないわけではなく注意は必要です。

 

フェキソフェナジン塩酸塩は医療用医薬品(製剤例:アレグラ®錠60mg など)の他、OTC医薬品(市販薬)としても「アレグラ®FX」という名前で発売されています。「アレグラ®FX」の添付文書には「本剤を服用している間は、次のいずれの医薬品も使用しないでください」の欄に「他のアレルギー用薬(皮ふ疾患用薬、鼻炎用内服薬を含む)、抗ヒスタミン剤を含有する内服薬等(かぜ薬、鎮咳去痰薬、乗り物酔い薬、催眠鎮静薬等)、制酸剤(水酸化アルミニウム・水酸化マグネシウム含有製剤)、エリスロマイシン」とあります。これでは今ひとつハッキリしないのでもう少し詳しくみていきます。薬の飲み合わせには色々な要素などが関係してきますが、ここでは主に

 ① 同じ系統の(同じ様な作用をあらわす)薬剤の重複

 ② 一方の薬によって、もう一方の薬の作用に変化が出る

ということが話の中心になります。

 

ちなみに、医療用医薬品のフェキソフェナジン製剤アレグラ®錠60mg など)の添付文書では上記に挙げた薬剤の中で「制酸剤(水酸化アルミニウム・水酸化マグネシウム含有製剤)」と「エリスロマイシン」が相互作用の欄に併用注意(併用に注意すること)の薬剤として記載されています。医療機関への受診を経て処方される場合では併用注意の薬同士でも症状や薬の相互作用の度合いなどを考慮した上で文字通り注意しつつ併用することがあります。また他のアレルギー用薬や抗ヒスタミン剤などの記載がないのは、医療機関へ受診して医師の判断の下、症状などを考慮して抗ヒスタミン薬などをあえて重複させて治療する場合があるなどの理由が考えられます。

 

主に①が考えられます。抗ヒスタミン薬は花粉症などのアレルギー性鼻炎だけでなく蕁麻疹湿疹などの皮膚症状など、多くの疾患へ効果が期待できます。そのため「皮ふ疾患用」の薬をアレグラ®と一緒に服用した場合では、知らず知らずに抗ヒスタミン薬を重複してしまう可能性があります。先に挙げたように医療機関で医師の判断により抗ヒスタミン薬などを複数使用するケースはありますが、知らず知らずに重複している場合は副作用の予想外の増強などがおこり危険です。

 

これも主に①が考えられます。一般的にかぜと呼ばれる薬は発熱、疼痛、鼻炎、咳などに有効な成分が複数配合されている総合感冒薬になります。総合感冒薬の中の鼻炎などに有効な成分は抗ヒスタミン薬であることが多いので、知らず知らずに抗ヒスタミン薬が重複してしまう可能性があります。

もちろん先ほどの「他のアレルギー用薬」で紹介したように医療機関の受診を経て症状などを医師が考慮した上で抗ヒスタミン薬をあえて重複させて治療する場合もあります。具体的には総合感冒薬のPL配合顆粒(抗ヒスタミン薬としてプロメタジンメチレンジサリチル酸塩が含有)とアレグラ®などの抗ヒスタミン薬が同時に処方されるケースなどは存在します。

ちなみに総合感冒薬の中には抗ヒスタミン薬以外にも解熱鎮痛薬などが含まれていることがありますが、イブプロフェン(製剤例:ブルフェン®(医療用医薬品)、イブ®(OTC医薬品)など)やロキソプロフェンナトリウム(製剤例:ロキソニン®錠60mg(医療用医薬品)など)などの主薬が単一の成分である解熱鎮痛薬とフェキソフェナジン塩酸塩との飲み合わせは通常であれば問題ありません。(解熱鎮痛薬においても、鎮痛成分に加え酸化マグネシウムなどの成分が配合されている製剤もあり、その場合は飲み合わせに注意が必要となる場合もあります)

鎮咳去痰薬にもかぜ薬同様、抗ヒスタミン薬が含まれている場合があります。ヒスタミンなどの体内でアレルギーを引き起こす物質は、咳や痰などを誘発する因子にもなるため、鎮咳去痰薬にはいわゆる咳止め薬の他、抗ヒスタミン薬が含まれている場合があるのです。例として医療用医薬品における鎮咳剤のフスコデ®配合錠には抗ヒスタミン薬のクロルフェニランマレイン酸塩が含まれています。またOTC医薬品の鎮咳去痰薬の「カイゲン咳止錠」や「カイゲン咳止液α」にも抗ヒスタミン薬のクロルフェニラミンマレイン酸塩が含まれています。

乗り物酔い薬や催眠鎮静薬は一見して抗ヒスタミン薬とあまり関係ないように思うかもしれませんが、実はこれらの薬に抗ヒスタミン薬が含まれている場合もあります。乗り物酔い薬でその名をよく耳にする「トラベルミン®」シリーズの製剤にはジフェンヒドラミンサリチル酸塩やd-クロルフェニラミンマレイン酸塩などの抗ヒスタミン薬が含まれている場合があります。またOTC医薬品で睡眠改善薬として販売されている「ドリエル®」や「ドリエル®EX」などは実は抗ヒスタミン薬であるジフェンヒドラミンサリチル酸塩の眠気を逆手にとった製剤です。もちろん催眠鎮静薬(特に医療用で使われる催眠鎮静薬)は抗ヒスタミン薬を含まない薬剤の方がむしろ一般的といえますが、催眠鎮静薬自体に眠気などを誘発する作用がありますので抗ヒスタミン薬との併用により眠気の過度な助長やめまい、ふらつきなどの症状があらわれやすくなる可能性があり注意が必要です。

 

これに関しては主に②が考えられます。

制酸剤の水酸化アルミニウムや水酸化マグネシウムは、体内でアレグラの成分であるフェキソフェナジンを一時的に吸着することでフェキソフェナジンの吸収量を減少させてしまいます。そのため併用によりアレグラの作用を減弱させてしまう可能性があるため注意が必要です。

またエリスロマイシンは、アレグラの成分であるフェキソフェナジンの血中濃度を上昇させてしまい、これにより先ほどの制酸剤とは逆にアレグラの作用を増強させてしまう可能性があるため注意が必要です。エリスロマイシンがフェキソフェナジンの代謝を低下させてしまうことなどによりおこるとされていて、アレグラの作用の増強により眠気や口渇などの副作用の増強などが懸念されます。

ここで紹介した水酸化アルミニウムと水酸化マグネシウムは、医療用ではマーロックス®懸濁用配合顆粒、OTC医薬品では「新キャベ2コーワS®」など多くの製剤に含まれている成分です。またエリスロマイシン(医療用医薬品の主な商品名:エリスロシン®)は呼吸器科や耳鼻咽喉科領域などで広く使われる抗菌薬の一つです。

 

今回紹介した薬以外にも、フェキソフェナジン塩酸塩との飲み合わせに注意が必要な薬はありますし、飲み合わせにさほど問題がなくとも医師が診察する時に患者がフェキソフェナジン塩酸塩を服用していることを自覚していない(飲んでいる薬の名前を知らない)場合、治療方針や処方内容などに影響を与える可能性があります。これは何もフェキソフェナジン塩酸塩に限ったことではなく、他の薬剤に関しても同様のことが考えられます。医療用医薬品、OTC医薬品を含めて医療機関の受診時やOTC医薬品購入の際に、現在使用している薬(又は、今は使用していなくても今後使う可能性がある薬)を医師や薬剤師などに伝えることは非常に大切です。

執筆者

中澤 巧

※本ページの記事は、医療・医学に関する理解・知識を深めるためのものであり、特定の治療法・医学的見解を支持・推奨するものではありません。