医師たちがつくる病気事典メドレー

腎盂腎炎

腎盂腎炎の基礎知識

腎盂腎炎とは?

  • 腎臓の内側の「腎盂」(尿が溜まる部分)に細菌が感染した状態
  • 尿道の出口から侵入した細菌が尿の通り道をさかのぼり、腎盂に達することで起こる(まれに、血管を通って腎臓に感染することもある)
  • 通常は、細菌が入ってきても尿と一緒に体外へ排出されたり、免疫により排除されるため簡単に腎盂腎炎は起こらない
  • 腎盂腎炎の主な原因
    • 生まれつき尿の流れが悪い病気がある
    • 前立腺肥大や尿路結石といった尿の流れが悪くなる病気がある
    • 糖尿病のように免疫が低下する病気がある
    • 尿道カテーテルなど細菌が付着しやすいものが尿の通り道にある
    • 尿道の短い女性の方が、男性よりも感染しやすい
  • 腎盂腎炎は重症化しやすい病気であるため、早期に治療する必要がある
    • 菌血症や腎膿瘍を起こすことがある
  • また、腎盂腎炎を繰り返す子どもは、尿の通り道に生まれつきの異常がある場合もある

症状

  • 主な症状
    • 発熱
    • 寒気、ふるえ
    • 背中や腰の痛み
    • 筋肉痛
    • だるさ
    • 吐き気
  • 膀胱炎(ぼうこうえん)が一緒に起こっている場合、血尿頻尿など、膀胱炎の諸症状も出現する
  • 高齢者では、発熱や「ぼーっとする」といったように、それだけでは他の病気と区別がつかないような症状で見つかることがある

検査・診断

  • 細菌検査:血液中や尿中の細菌の有無、細菌の種類などを調べる
    • 尿の中に細菌がいたり、白血球が多いと、腎盂腎炎の可能性が高い
    • 尿そのものを顕微鏡を用いて調べる検査(塗抹検査)と培養してより詳しく調べる検査(細菌培養検査)がある
  • 画像検査:腎盂炎症がないか、尿管に結石がないかを調べる
    • 腹部超音波検査
    • 腹部CT検査
  • 尿検査や血液検査を行わず、腹部超音波検査や腹部CT検査だけで診断することは困難

治療

  • 抗菌薬を使用
    • ニューキノロン系抗菌薬、ペニシリン系抗菌薬、セフェム系抗菌薬を使うことが多い
  • 軽症でも重症でも、水分を十分にとり、排尿を促すことが大切

腎盂腎炎に関連する治療薬

アミノグリコシド系抗菌薬

  • 細菌のタンパク質合成を阻害し殺菌的に抗菌作用をあらわす薬
    • 細菌の生命維持や増殖にはタンパク質合成が必要となる
    • タンパク質合成はリボソームという器官で行われる
    • 本剤は細菌のリボソームにおけるタンパク質合成を阻害して抗菌作用をあらわす
  • 薬剤によって抗菌作用の範囲に違いがあり、淋菌淋菌感染症の原因菌)やMRSA(MRSA感染症の原因菌)などに抗菌作用をもつ薬剤もある
アミノグリコシド系抗菌薬についてもっと詳しく≫

ST合剤

  • 細菌などが行う葉酸合成と葉酸の活性化を阻害し増殖を抑えることで抗菌作用をあらわす薬
    • 細菌などの増殖には遺伝情報を含むDNAの複製が必要でDNAの複製には葉酸が必要となる
    • 細菌などは自ら葉酸を作り、活性化させることでDNAの複製に使用する
    • 本剤は葉酸合成阻害作用をもつ薬剤と葉酸の活性化を阻害する薬剤の配合剤
  • 真菌が原因でおこるニューモシスチス肺炎に使用する場合もある
ST合剤についてもっと詳しく≫

セフェム系抗菌薬

  • 細菌の細胞壁合成を阻害し細菌を殺すことで抗菌作用をあらわす薬
    • 細胞壁という防御壁をもつ細菌はこれがないと生きることができない
    • 細菌の細胞壁合成に深く関わるペニシリン結合タンパク質(PBP)というものがある
    • 本剤は細菌のPBPに作用し細胞壁合成を阻害することで細菌を殺す作用をあらわす
  • 妊婦にも比較的安全に投与できるとされる
  • 開発された世代によって第一世代〜第四世代に分けられる
    • 各世代で、各種細菌へ対して、それぞれ得手・不得手がある
    • 世代が同じであっても薬剤によって各種細菌に対して得手・不得手の違いが生じる場合がある
セフェム系抗菌薬についてもっと詳しく≫

ニューキノロン系抗菌薬

  • 細菌の増殖に必要な酵素を阻害して殺菌的に抗菌作用をあらわす薬
    • 細菌の増殖にはタンパク質合成が必要でそれには遺伝情報をもつDNAという物質が不可欠となる
    • DNAの複製にはいくつかの酵素の働きが必要となる
    • 本剤はDNA複製に必要な酵素を阻害し抗菌作用をあらわす
  • 尿路感染症、腸管感染症、呼吸器感染症など幅広い感染症で有効とされる(薬剤によって抗菌作用の範囲は異なる)
ニューキノロン系抗菌薬についてもっと詳しく≫

腎盂腎炎の経過と病院探しのポイント

この病気かなと感じている方

腎盂腎炎では頻尿、排尿時の痛み、腹痛、腰痛、発熱など様々な症状が出ます。同じ尿路感染症の一つではありますが、単なる膀胱炎ではなく腎臓に炎症のある腎盂腎炎になっていれば、入院の上での治療が原則です。その場合には、内科、腎臓内科、泌尿器科などが入院先の診療科となるでしょう。ただし、その場合も先にクリニックを受診した時点で、腎盂腎炎か否かの診断をつけてもらい、腎盂腎炎であれば病院を紹介受診するという形でも適切な診療を受けることができます。

腎盂腎炎の診断は尿検査、血液検査、超音波検査腹部CTで行います。腎盂腎炎の原因として尿管結石が見つかることがあるため、その検査の意味で超音波検査や腹部CTといった画像検査を行います。


この病気でお困りの方

腎盂腎炎の治療は、抗生物質の点滴で行います。

尿管結石などが原因で尿の通り道が詰まってしまうと腎盂腎炎を起こしやすいのですが、そのような詰まりがある場合には、尿管ステントや腎ろうといった処置が必要になります。

尿管ステントは、尿道から細い内視鏡を入れて挿入します。腎ろうは、背中側から注射のような針を刺して、腎臓まで管を通す処置です。いずれも泌尿器科専門医がいる施設でないと行えない処置になります。しかし、逆に言えば泌尿器科の中では基本的な処置の一つですから、大学病院などの特殊な病院でないと治療ができない処置というわけではありません。





version 7.4(β)
本サービスにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。本サービス上の情報や利用に関して発生した損害等に関して、弊社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
©Medley, Inc. All Rights Reserved.