すいとうさいぼうしゅよう

膵島細胞腫瘍

膵臓を構成する細胞である膵島に生じる腫瘍の総称

病気に関連する診療科の病院を探す
3人の医師がチェック 23回の改訂 最終更新: 2017.09.30

膵島細胞腫瘍の基礎知識

膵島細胞腫瘍について

  • 膵臓を構成する細胞である膵島に生じる腫瘍細胞が増殖してできるこぶのようなもの。あまり悪さをしない良性腫瘍と、体に強い害を与えることの多い悪性腫瘍に分類されるの総称
  • 膵島には、血糖血液中のブドウ糖のこと。人が活動するためのエネルギー源。血液中の濃度を血糖値といい、糖尿病の診断に用いられるや胃の消化を調整するホルモン体内で作られて、血流にのって体の特定の部位を刺激する物質。内分泌物質とも呼ばれるを分泌する細胞が複数ある
    • その膵島に腫瘍ができると、ホルモンが過剰に分泌されてしまうことがあり、それぞれのホルモンごとの症状が生じる
  • 腫瘍の分類
    • インスリノーマ
      インスリン膵臓から出る、血糖値を下げる方向に働くホルモン。インスリンの欠乏や作用不足が糖尿病の原因となるをつくる細胞に発生する腫瘍
      ・インスリン:血液の糖濃度を下げるホルモン
    • ガストリノーマ
      ・ガストリンをつくる細胞に発生する腫瘍
      ・ガストリン:胃の消化を助けるホルモン
    • グルカゴノーマ
      ・グルカゴンをつくる細胞に発生する腫瘍
      ・グルカゴン:血糖値を高めるホルモン
  • ホルモンをつくらない細胞にできる腫瘍もある
    • 膵島腫瘍ができるのはまれでそのほとんどが良性病気の中でも、相対的に経過が悪くないもの。多くの場合、腫瘍をつくる病気に対して、悪性腫瘍と対比させるために使われる用語だが、その一部は悪性腫瘍無制限に増殖して周囲へ広がる、異常な細胞(がん細胞)による病気。塊となって腫瘍を作る固形がんと、白血病のように血液中にがん細胞が存在する血液がんがあるがん無制限に増殖して周囲へ広がる、異常な細胞(がん細胞)による病気。塊となって腫瘍を作る固形がんと、白血病のように血液中にがん細胞が存在する血液がんがある)である

膵島細胞腫瘍の症状

  • インスリノーマの症状
    • インスリン膵臓から出る、血糖値を下げる方向に働くホルモン。インスリンの欠乏や作用不足が糖尿病の原因となる過剰による低血糖症
      ・脱力感
      ・発汗
      意識障害意識に異常が生じた状態の総称で、もうろうとした状態や、不適切な反応をする状態、一切の反応がない状態など多段階の症状が含まれる
      ・けいれん
  • ガストリノーマの症状
    • ガストリン過剰による症状
      ・腹痛
      ・水様性下痢
  • グルカゴノーマの症状
    • グルカゴン過剰による症状
      ・体重減少
      糖尿病
      深部静脈血栓
      ・特有の皮膚症状(かゆみを伴う赤い発疹皮膚に起こる、何かしらの目に見える変化の総称など)
  • ホルモン体内で作られて、血流にのって体の特定の部位を刺激する物質。内分泌物質とも呼ばれるを作らない細胞にできた腫瘍細胞が増殖してできるこぶのようなもの。あまり悪さをしない良性腫瘍と、体に強い害を与えることの多い悪性腫瘍に分類される
      ・無症状のことが多く、初期には発見されにくい
      ・腫瘍が大きくなってから、腹痛や圧迫感を引き起こす
      ・黄疸ビリルビンという物質が体内に溜まることで、皮膚や白眼などが黄色くなった状態。肝臓の異常で起こることが多いが、新生児に生じるものは異常ではない
      ・吐き気や嘔吐

膵島細胞腫瘍の検査・診断

  • 主な検査
    • 血液検査
    • 腹部超音波検査空気の細かな振動である超音波を使って、腹部の状態を調べる検査
    • 超音波内視鏡検査上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)などに用いられる内視鏡の一種で、カメラの脇にエコー装置がついていて、超音波と直視の両方で病気を診断するための検査EUS上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)などに用いられる内視鏡の一種で、カメラの脇にエコー装置がついていて、超音波と直視の両方で病気を診断するための検査
    • 腹部CT検査X線(放射線)を用いて腹部の状態を調べる検査。肝臓や腸などの内蔵から骨や筋肉まで、様々な組織の状態を確認することができる
    • 腹部MRI磁力(電磁波)を用いて、お腹の中の状態を調べる検査。胆のう、胆管、膵臓や、子宮、卵巣の検査などで行われることが多い検査
    • 内視鏡的逆行性膵管胆管造影鼻もしくは口から小さいカメラを入れて、膵臓や胆管、胆のうの状態を調べる検査ERCP鼻もしくは口から小さいカメラを入れて、膵臓や胆管、胆のうの状態を調べる検査
  • その他特徴的な検査

膵島細胞腫瘍の治療法

  • 主な治療法
    • 手術で切除する
    • 腫瘍細胞が増殖してできるこぶのようなもの。あまり悪さをしない良性腫瘍と、体に強い害を与えることの多い悪性腫瘍に分類されるに血液(栄養)を送る血管を塞ぐ手術を行うこともある