はくないしょう
白内障
眼の焦点をあわせるためのレンズ(水晶体)が濁る病気。視野が白くかすんだり、光をまぶしく感じる
7人の医師がチェック 129回の改訂 最終更新: 2018.11.14

白内障とはどんな病気?:緑内障との違いや年齢、症状、原因、検査、治療について

白内障は水晶体という目の一部分が濁ることによって、さまざまな症状が現れる病気です。高齢の人に多く、歳をとると誰でもなり得る病気です。このページでは緑内障との違いや、症状、原因、治療などを説明します。

1. 白内障とはどんな病気なのか

【目の構造(断面図)】

白内障では水晶体が白く濁っている

白内障(英語:cataract)は目の一部が白く濁って視力の低下などが起こる病気です。かつての日本では、最も多い失明の原因でしたが、現在は治療が進歩したおかげで白内障で失明する人は少なくなりました。白内障とは具体的にどんな病気なのでしょうか。

白内障は透明な水晶体が濁る病気

人間の目をカメラに例えると、レンズの役割をしているのが水晶体です。正常な水晶体は透明ですが、濁りが生じるとものが見えづらくなります。白内障は水晶体の濁りによるの病気です。

白内障になりやすい年齢

白内障は歳をとると誰でもなりうるものです。早い人では40歳位からで加齢による白内障になり始めます。年代が上がるとともに白内障になる人は増えていき、80歳以上ではほとんどの人に白内障が見つかります。高齢者でものの見えづらさなどの症状が現れた場合は、その原因としてまず白内障が疑われます。

緑内障と白内障の違い

緑内障と白内障は名前は似ていますが、違う病気です。白内障は水晶体の濁りが原因ですが、緑内障は目の圧力(眼圧)の上昇が原因の病気です。緑内障では目を循環している房水という液体の排出が上手く行かなくなって眼圧が高くなります。眼圧が上昇すると、視神経が傷ついてものが見えにくくなり、進行すると失明に至ることがあります。

緑内障の詳しい説明は「緑内障の基礎情報ページ」を参考にしてください。

2. 白内障の症状について

目のレンズにあたる水晶体が濁ると、ものの見え方にさまざまな影響が現れます。白内障の症状を初期と進行したときに分けて説明します。

初期症状

水晶体の濁りが少ない初期の白内障では、ものの見え方への影響は多くありません。このため初期症状と呼べるものはほとんどありません。水晶体の濁りが進行すると次に説明する症状が現れ始めます。

進行したときの症状

水晶体の濁りが強くなって、白内障が進行するとさまざまな症状が現れます。ものがかすみがかかって見えることが代表的な症状ですが、他にも症状があります。

【白内障が進行したときの症状】

  • かすみがかったように見える
  • 光を異常に眩しく感じる
  • ものが二重に見える
  • 右目と左目で見え方の差を感じる

症状の現れ方は一人ひとりで異なります。これらの症状が現れた場合は、原因が白内障である可能性を考えて検査などが行われます。

症状に関してより詳しい説明は「白内障の症状」を参考にしてください。

3. 白内障の原因について

白内障の主な原因は加齢ですが、その他にも原因があります。代表的な白内障の原因は次のものです。

年齢を重ねると透明だった水晶体に濁りが出てきます。特に、40歳を過ぎた頃から白内障になる人が増え、高齢者では程度の差はありますがほとんどの人で白内障が見つかります。

その他、加齢に比べると頻度は少ないですが、目の病気や怪我、全身の病気なども白内障の原因になります。それぞれについて詳しくは「白内障の原因」で説明しているので参考にしてください。

4. 白内障の検査について

白内障が疑われる人や白内障の手術を受ける人にはいくつか検査が行われます。白内障の診断で用いられる検査の目的は、「白内障と他の病気を区別すること」や「白内障の原因について調べる」ことです。

また、白内障の手術が必要になると追加でいくつかの検査が行われます。追加の検査の目的は目が手術に耐えられる状態かどうかを調べるためと、一人ひとりにあった眼内レンズ(手術で挿入されるレンズ)を選ぶために行われます。

白内障の検査は具体的には次のものになります。

  • 白内障の診断のための検査
    • 問診
    • 身体診察
    • 視力検査
    • 眼底検査
    • 眼圧検査
    • 細隙灯検査
  • 白内障手術のための検査
    • 眼軸長検査
    • 角膜内皮検査
    • 角膜形状解析検査

それぞれの検査の詳しい説明は「白内障の検査」を参考にしてください。

5. 白内障の治療について

白内障の治療は手術が主体です。手術によってものの見えづらさが改善されます。一方で、症状が軽く日常生活に支障が出るほどではない場合は、点眼薬による治療も可能です。点眼薬には白内障を治す力はほとんどなく、進行を抑えることがその目的になります。

点眼薬

初期の白内障に行われます。主に使われるのは「ピレノキシン」と「グルタチオン」の2つです。ピレノキシンは、キノイド物質という白内障の原因物質の1つと水晶体内のタンパク質が結合するのを防ぐことで、白内障の進行を遅らせます。グルタチオンは、もともと目の中に含まれている抗酸化作用がある物質で、白内障が進行すると減少することが知られています。減ってしまったグルタチオンを点眼で補うと白内障の進行を遅らせると考えられています。

手術(水晶体再建術)

手術は白内障治療の中心です。手術では白内障の原因である濁った水晶体を取り除き代わりのレンズを挿入します。具体的には、角膜という目の黒目の部分に小さな切れ込みを入れて、その切れ込みから特殊な器具を挿入して水晶体を吸い出します。水晶体がもともとあった部分に眼内レンズを挿入して手術は終了します。この一連の手術は数十分で終えることができます。

詳しくは「白内障の治療」で説明しているので参考にしてくください。

6. 白内障の予防

白内障の最大の原因は加齢です。歳をとると誰でもなりうる病気ですが、だからと言って、予防策がないわけではありません。加齢以外に目を向けると白内障の原因は他にもあるので、避けられる原因の対策が予防になります。

主に次のものが、予防に有効だと考えられています。

  • 白内障の原因になる病気を治療する
  • サングラスなどで紫外線を避ける
  • 禁煙する

白内障は目の病気や全身の病気に伴って起こることがあります。例えば、全身の病気ではアトピー性皮膚炎糖尿病がよく知られています。これらの病気の治療をすることで白内障の危険性を下げることができます。また、紫外線のように白内障と強く関係があるものを避けることも予防になります。特に、紫外線が多く降り注ぐ5月から7月には注意が必要です。

これらの取り組みを継続的に行うことが白内障の予防につながります。工夫して生活の中に取り入れてみてください。

詳しい予防方法は「白内障の予防」で説明しているので参考にしてください。