はくないしょう
白内障
眼の焦点をあわせるためのレンズ(水晶体)が濁る病気。視野が白くかすんだり、光をまぶしく感じる
7人の医師がチェック 129回の改訂 最終更新: 2018.11.14

白内障

白内障は水晶体という目の一部分が濁ることによって、さまざまな症状が現れる病気です。 高齢の人に多く、歳をとると誰でもなり得る病気です。このページでは緑内障との違いや、症状、原因、治療などを説明します。

白内障とはどんな病気?:緑内障との違いや年齢、症状、原因、検査、治療について

白内障は水晶体という目の一部分が濁ることによって、さまざまな症状が現れる病気です。高齢の人に多く、歳をとると誰でもなり得る病気です。このページでは緑内障との違いや、症状、原因、治療などを説明します。

白内障の症状について:初期症状やものの見え方

白内障は目のレンズの役割をしている透明な水晶体が濁る病気です。水晶体の濁りによってものが見えづらくなり、生活に支障をきたします。ここでは白内障の「初期症状」と「進行したときの症状」について説明します。

白内障の原因について:加齢や糖尿病、アトピー性皮膚炎、ステロイド薬

白内障は目のレンズの役割をしている透明な水晶体が濁る病気です。年齢を重ねるとともに水晶体は徐々に濁っていくので、年齢が上がるにつれて白内障が見つかる人も増えます。加齢以外にも水晶体の濁りを起こす原因があり、原因によっては白内障の発病を遅らせることや防ぐこともできます。

白内障の検査について:診断はどのように行うのか

白内障を診断するために診察や検査がいくつか行われます。検査の中では特に、細隙灯顕微鏡検査が重要です。細隙灯検査では水晶体の濁りを調べることができます。

白内障の治療について:点眼薬(目薬)や手術時間、術後の注意点、費用について

白内障は透明な水晶体が濁ることで見えづらさが現れる病気です。濁った水晶体を取り除いて、眼内レンズを挿入する手術で症状の改善が期待できます。ここでは白内障の手術を中心に詳しく説明します。

白内障の予防や疑問について

年齢を重ねるとほとんどの人が白内障になります。白内障を予防するのは難しいことですが、発症を遅らせる工夫はあります。ここでは予防法とともに白内障にまつわる疑問についても合わせて説明します。