のどのいたみ
喉(のど)の痛み

喉(のど)の痛みの基礎知識

概要

のどの痛みの大半はかぜから来るものですが、細菌ウイルスによって治療法が変わります。検査で分かる場合もありますが、腫れ方、色、熱の程度、リンパ節の腫れ、周囲の流行状況などを元に治療法が判断されます。

辛いものやアルコールなどの刺激物を避けること、乾燥が強い時にはのど飴やトローチでのどを保湿することが有効です。

一方でのどの奥にが溜まる扁桃周囲膿瘍や、急性喉頭蓋炎は重症化しやすい病気です。

原因とメカニズム

のどの痛みの大半は、かぜが原因です。ウイルスによるかぜ上気道炎とも呼ばれ、鼻や咽頭、喉頭、気管支などに感染し、炎症を起こします。特に咽頭炎喉頭炎でのどが痛くなります。一般的なかぜのウイルスに対する特効薬はないので、自然に治るのを待ちます。

細菌による扁桃炎では、かぜよりものどの痛みが強く、高熱が出ることが多いです。特に食べ物や水、唾を飲み込むときの痛みが強いです。扁桃炎の細菌に対しては、抗生剤がよく効き、治りが早くなります。

他にのどの痛みの原因としては、魚の骨がのどに刺さっていることや、高齢者の入れ歯が一部欠けてのどに引っかかっていることがあります。子どもの場合は特に分かりにくいので、食事中、食事後に急にのどの痛みを訴えだしたときは、咽頭の異物の可能性を考えて、医療機関を受診してみてください。

症状から考えられる病気

発熱、鼻水、咳、痰などの症状がある

一般的なかぜの可能性が高いです。

熱が高い

インフルエンザ扁桃炎の可能性があります。

飲み込むと強い痛みがある

扁桃炎扁桃周囲膿瘍などの可能性があります。

息切れや息苦しさがある

急性喉頭蓋炎の可能性があり、窒息の危険性があるので、すぐに病院を受診する必要があります。

食事中、食事後から急に痛くなった

のどに骨が刺さっていたり、異物が引っかかっていたりする可能性があります。

怖い病気

扁桃周囲膿瘍

扁桃炎が広がって扁桃周囲炎となり、さらに膿をつくると扁桃周囲膿瘍となります。痛みが強いので、食事や水分がとれなくなり、非常に重篤な状態です。

治療として、膿を外にだすために、注射や皮膚の切開が必要となります。加えて抗生剤の治療も行われます。

急性喉頭蓋炎

喉頭蓋は、飲み込んだ食べ物が気管に入るのを防ぐ、気管のふたです。喉頭炎から炎症が広がると、喉頭蓋にも炎症が起きます。喉頭蓋は腫れてしまうと、気管を塞いで窒息してしまう危険性があります。

のどの痛みに加えて息苦しさや話しにくさが出てきた場合は、要注意です。すぐに病院の受診が必要です。急性喉頭蓋炎が疑われれば、すぐに入院して、抗生剤やステロイドの治療が行われます。

窒息の危険性が高ければ、気管挿管や気管切開が行われます。

受診の目安

・飲み込むときに痛い
・息苦しい
・1週間以上、のどの痛みが良くならない
・のどに骨などが刺さっている感じがする(魚を食べているときに痛くなった)

診療科

一般内科・総合診療科・小児科

のどの痛みの原因のほとんどは、かぜです。一般内科で診断・治療ができます。

耳鼻咽喉科

のどに骨が刺さったときや、扁桃周囲膿瘍急性喉頭蓋炎の診断と治療は、耳鼻咽喉科で行われます。喉頭ファイバー検査と言って、胃カメラより細いカメラでのどの様子をみることができます。

検査

血液検査

全身の炎症の度合いを調べることができます。

喉頭ファイバー検査

胃カメラより細いカメラで、のどの様子をみることができます。

治療

かぜのウイルスに対しては、特効薬はありません。それぞれの症状に対して、対症療法が行われます。

例えばSPトローチ®を舐めるとのどが保湿され、痛みが和らぎます。またのどの炎症を抑える目的で、トランサミンカプセル®が使われます。

セルフケア

・乾燥させない(部屋の保湿、マスク、のど飴)
・なるべく声を使わない
・休養をとる



関連するリンク

MEDLEYニュース新着記事