ひふのかゆみ
皮膚のかゆみ

皮膚のかゆみの基礎知識

概要

皮膚のかゆみの原因は、アトピー性皮膚炎などアレルギーが関係した病気、薬や食べ物のアレルギー、水ぼうそうなどの感染症、虫刺されなどです。あせもや皮膚の乾燥も、かゆみを引き起こします。

アレルギーが関係している場合は、原因を避けることが大切です。化粧品やアクセサリーの金属も原因となります。アレルギーの原因を調べる血液検査も役に立ちます。治療はステロイドの塗り薬なので、皮膚科の医師と相談してみてください。

原因とメカニズム

皮膚の真皮に存在している肥満細胞からヒスタミンという物質が、かゆみを引き起こすのに関係しています。乾燥肌やアトピー性皮膚炎などで肌のバリア機能が弱っている人は、ちょっとした刺激でヒスタミンが分泌され、かゆみが起きるようになっています。

また皮膚のかゆみは、湿疹皮膚炎と呼ばれ、皮膚に炎症が起きた状態になっていることが多いです。

考えられる病気

全身が赤くてかゆい

アトピー性皮膚炎やヒゼンダニによる感染症である疥癬(かいせん)、薬のアレルギーの一種である湿疹薬疹などが考えられます。

皮膚に変化はないが、全身がかゆい

特に高齢者に多いのが、乾燥してカサカサしてかゆくなる、乾皮症皮脂欠乏性湿疹)です。乾燥していないのにかゆい場合は皮膚そう痒症と言われ、糖尿病腎不全、肝不全などを原因として、全身の代謝の異常によって皮膚がかゆくなります。

赤く腫れて、かゆい

虫刺されやじんま疹が考えられます。

夏にかゆくなる

肘の内側、お尻、膝の裏側、湿布、包帯、ギブス、おむつなどの部位にできるのは、あせもです。

受診の目安

・激しいかゆみ
・1週間以上つづく

診療科

皮膚科

皮膚科が適しています。

検査

RAST検査(血液検査)

アトピー性皮膚炎やアレルギーの関与が疑われるときに行われます。アレルギーの原因となりうる様々な物質の抗原性を調べることで、どの物質に対してアレルギーを持っているか分かります。

パッチテスト

アレルギーの原因と思われる物質を皮膚に薄く塗り、そのまま48時間後に観察することで、その物質に対するアレルギーがあるかどうかが分かります。

治療

飲み薬や塗り薬が使われます。ヒスタミンによって皮膚のかゆみが起きていると考えられているため、ヒスタミンの働きを抑えるために、抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬の飲み薬を使います。

また湿疹皮膚炎)に対しては、ステロイドの塗り薬が使われます。ステロイドと言えば副作用が怖いという人もいるかもしれませんが、全身への副作用を起こさないために開発されたのがステロイドの飲み薬です。医師の指導の下、適切に使えば心配しすぎる必要はありません。

セルフケア

原因によって細かい対処法が異なりますが、皮膚のかゆみに対して、以下のようなセルフケアは共通しています。

・掻かない
・冷やす
・乾燥している場合は、保湿クリームなどで保湿する
・アレルギーの原因を避ける

といったことが大切です。

アレルギーの原因となりうる例を挙げると、ダニ、エビ、可児、ペット(犬、猫など)、卵、花粉、果物(キウイ、リンゴなど)、ピーナッツ、小麦、そばなどがあり、人によって様々です。



関連するリンク

MEDLEYニュース新着記事