[医師監修・作成]アセトン血性嘔吐症(周期性嘔吐症) - 詳細情報 | MEDLEY(メドレー)
あせとんけっしょうせいおうとしょう(しゅうきせいおうとしょう)
アセトン血性嘔吐症(周期性嘔吐症)
激しい嘔吐を繰り返す小児の病気で、周期性嘔吐症とも呼ばれる
11人の医師がチェック 73回の改訂 最終更新: 2020.12.23

アセトン血性嘔吐症(周期性嘔吐症)の詳細情報

アセトン血性嘔吐症(周期性嘔吐症)

アセトン血性嘔吐症(別名:周期性嘔吐症、自家中毒)は激しい嘔吐を繰り返す病気です。アセトンとは脂肪を分解してエネルギーとして使う際に生成される物質であり、嘔吐を引き起こす原因となると考えられているものです。主に子どもの病気ですが、大人になってから診断を受ける人もいます。