[医師監修・作成]アセトン血性嘔吐症(周期性嘔吐症)の症状について:繰り返す嘔吐、眠気、腹痛、頭痛など | MEDLEY(メドレー)
あせとんけっしょうせいおうとしょう(しゅうきせいおうとしょう)
アセトン血性嘔吐症(周期性嘔吐症)
激しい嘔吐を繰り返す小児の病気で、周期性嘔吐症とも呼ばれる
11人の医師がチェック 73回の改訂 最終更新: 2020.12.23

アセトン血性嘔吐症(周期性嘔吐症)の症状について:繰り返す嘔吐、眠気、腹痛、頭痛など

アセトン血性嘔吐症は激しい嘔吐を繰り返す病気です。加えて、眠気や腹痛などもよく現れます。ここでは、アセトン血性嘔吐症の症状と、合併しがちな病気の症状について説明します。

1. 主な症状について

アセトン血性嘔吐症では、発作的な激しい嘔吐が繰り返し起こるのが特徴です。ひとたび発作が起こると、数時間から長ければ数日間に渡り嘔吐が続きます。激しい嘔吐でぐったりして眠気をもよおすことも少なくありません。また、嘔吐の前兆として腹痛がある人もいます。

この一連の嘔吐発作は、1ヶ月に何回もある人から年に数回の人までさまざまです。嘔吐がない期間は、吐いている時とは対照的に症状が全くありません。

なお、尿の出が悪くなっていたり、泣いても涙がほとんどでなかったりといった変化は脱水症のサインです。点滴での治療が必要ですので、夜でも休日でも遠慮せず医療機関を受診してください。

2. 合併しやすい病気の症状について

嘔吐や腹痛といった症状に加えて、下記の症状が現れることがあります。

  • 頭痛
  • しゅうめい(まぶしく感じやすいこと)
  • 聴覚過敏
  • めまい

これらの症状は、アセトン血性嘔吐症に合併しやすい「片頭痛」や「良性発作性頭位めまい症」という病気を見つけるきっかけとなるものです。頭痛・しゅうめい・聴覚過敏は片頭痛で現れることがあり、めまいは良性発作性頭位めまい症で生じる症状です。良性発作性頭位めまい症では、周りの景色がグルグル回るようなめまいを感じることが多いです。

参考文献

疋田敏之 他. 小児周期性症候群. 脳と発達. 2012. 44:125-128.