はいどうみゃくべんへいさふぜんしょう(はいどうみゃくべんぎゃくりゅうしょう)
肺動脈弁閉鎖不全症(肺動脈弁逆流症)
肺動脈弁の逆流防止機能が障害されて、肺動脈から右心室に血液が逆流する状態
6人の医師がチェック 42回の改訂 最終更新: 2017.12.06

肺動脈弁閉鎖不全症(肺動脈弁逆流症)の基礎知識

POINT 肺動脈弁閉鎖不全症(肺動脈弁逆流症)とは

心臓の中にある右心室から肺動脈に送る血液逆流防止弁である肺動脈弁の機能が低下する病気です。肺高血圧症・リウマチ熱・マルファン症候群などが原因になります。病状が進行するまで自覚症状がないことがほとんどですが、病状が進行するとむくみなどの症状が出てきます。 症状や身体診察に加えて、心臓エコー検査・画像検査・心電図検査を用いて診断します。根治するための治療は手術になりますが、症状を和らげる目的に薬物治療を行うこともあります。肺動脈弁閉鎖不全症が心配な人や治療したい人は、小児科・小児外科・循環器内科・心臓血管外科を受診して下さい。

肺動脈弁閉鎖不全症(肺動脈弁逆流症)について

肺動脈弁閉鎖不全症(肺動脈弁逆流症)の症状

  • 原因によって症状は変わる
    • 多くの場合が無症状
  • 症状が悪化すると右心不全が起こり、肝臓や脚のむくみ(肝腫大、下腿浮腫)が起こる

肺動脈弁閉鎖不全症(肺動脈弁逆流症)の検査・診断

  • 心臓超音波検査:血流の逆流の有無や、弁や心臓の動きを確認
  • その他原因を調べるために、胸部レントゲン心臓カテーテル検査などを行う場合もある

肺動脈弁閉鎖不全症(肺動脈弁逆流症)の治療法

  • 原因となっている肺高血圧の治療を行うことで、肺動脈弁閉鎖不全症も改善することが多い
  • 感染性心内膜炎肺動脈弁そのものが変性してしまっている場合に弁を交換する手術(弁置換術)を行うことがある
  • 先天性心疾患の手術の後で、右心拡大が著明な場合なども手術(肺動脈弁置換術)を行うことがある
    • 心臓超音波検査で右室が広がっていたり動きが悪くなっている場合には、無症状であっても手術を行うこともあるが、施設によって判断が異なることが多い

肺動脈弁閉鎖不全症(肺動脈弁逆流症)の経過と病院探しのポイント

肺動脈弁閉鎖不全症(肺動脈弁逆流症)が心配な方

肺動脈弁閉鎖不全症によって心不全が起こると、息切れや全身のむくみといったような症状がみられます。

上記のような症状に該当してご心配な方は、まずはかかりつけ医があればそちらを、そして特にかかりつけの医療機関がない場合には循環器内科または心臓血管外科のある病院での受診をお勧めします。心臓血管外科と同様の診療科のことを胸部外科、血管外科、心臓外科と呼んでいる病院もあります。肺動脈弁閉鎖不全症肺動脈弁逆流症)を主に診療する専門医は、循環器専門医、心臓血管外科専門医です。内科を受診するか外科を受診するかは病気の重症度や時期によって変わってきますので、詳しくは後述します。肺動脈弁閉鎖不全症は心臓の弁膜症と呼ばれる病気の一種ですから、弁膜症外来のある病院やハートセンターを設けている病院も、専門性が高く高度な医療を提供していると言えます。

肺動脈弁閉鎖不全症の診断は、心エコーで行います。肺動脈弁閉鎖不全症があるかどうかの診断や、ある程度重症度の検討をつけるだけであれば、クリニックを含め、心エコーの機械がある医療機関ならばどこでも行うことができます。細かな重症度の判断や、肺動脈弁閉鎖不全症以外に心臓の病気が重なっていないかどうかを判断するためには、循環器内科、または心臓血管外科のある病院で入院して検査を行います。ここまで本格的な検査を行うのはある程度以上の重症度の場合になりますが、重症の肺動脈弁閉鎖不全症心不全につながって命に関わることがあるため、大切な検査です。心臓のカテーテル検査や、経食道エコーと呼ばれる胃カメラのようなエコー検査、また、医師の立ち会いの下で軽い運動をして、心臓に負荷をかけた時に心臓の働きがどうなるかといったことを調べます。

肺動脈弁閉鎖不全症(肺動脈弁逆流症)に関連する診療科の病院・クリニックを探す

肺動脈弁閉鎖不全症(肺動脈弁逆流症)でお困りの方

肺動脈弁閉鎖不全症の重症度によって治療が大きく変わります。軽症で、定期的に様子を診る方針で良いのであればクリニックへの通院で診療が可能ですし、重症で本格的な治療を考慮しなければならない場合には、心臓手術が行える病院を選ぶことになります。この場合、肺動脈弁閉鎖不全症の心臓手術は難易度が高い治療であるため、手術件数が少なすぎないことは、病院を選ぶ上で参考になる基準の一つです。

重症の場合は、肺動脈弁閉鎖不全症の根本治療のためには心臓手術が必要です。心臓血管外科に入院の上で手術を行い、手術後は ICU (intensive care unit) と呼ばれる集中治療室に入室することになります。

肺動脈弁閉鎖不全症であっても手術が必要ないような場合には、定期的に通院して心エコーや心電図といった検査を受けながら、症状が悪化しないか様子を見ていくことになります。肺動脈弁閉鎖不全症については、循環器内科や心臓血管外科のクリニックへ通院することが多いでしょう。長期的な通院が必要となりますので、主治医との相性も大事な判断基準の一つです。

肺動脈弁閉鎖不全症(肺動脈弁逆流症)に関連する診療科の病院・クリニックを探す

肺動脈弁閉鎖不全症(肺動脈弁逆流症)が含まれる病気

肺動脈弁閉鎖不全症(肺動脈弁逆流症)のタグ

肺動脈弁閉鎖不全症(肺動脈弁逆流症)に関わるからだの部位

医師登録をしてMEDLEYの編集に協力する