かたけんばんそんしょう
肩腱板損傷
肩関節を安定させる筋肉の集まりである「腱板」が損傷した状態
6人の医師がチェック 76回の改訂 最終更新: 2017.12.06

肩腱板損傷の基礎知識

肩腱板損傷について

  • 肩関節を安定させる筋肉の集まりである「腱板」が損傷した状態
    • 肩を酷使する動き(スポーツや重労働など)
    • 強い力が肩に加わること(交通事故や転倒など)
  • 主な原因
    • スポーツ(野球やソフトボールなど)
    • 交通事故
    • 腱板の老化
  • 男性の方が発症しやすい
    • 60歳代での発症が多い
  • その他の知っておくべき内容
    • 腱板は、肩関節を安定させる働きがある
    • 腱板の働きによってスムーズな運動を行えている
    • 腱板は、棘上筋(きょくじょうきん)、棘下筋(きょくかきん)、小円筋(しょうえんきん)、肩甲下筋(けんこうかきん)の4つの筋肉と腱からできている
    • 五十肩と間違えられることが多いが、肩腱板損傷では、あまり関節の動きが硬くならない

肩腱板損傷の症状

  • 肩が動かしづらい
  • 運動時の肩の痛み
  • 睡眠時の肩の痛み

肩腱板損傷の検査・診断

  • 診察
    • 腱板を構成している筋肉の筋力テスト
    • 肩の痛みがあるかどうかを調べる
    • 肩の力が入りにくいといった症状があるかどうかを調べる
  • 画像検査:骨や腱の状態などを調べる
    • 超音波検査
    • レントゲン検査
    • MRI検査
  • 関節造影検査:関節の隙間の形状を調べる
  • これらの検査を行うことで五十肩と区別することができる

肩腱板損傷の治療法

  • 保存療法
    • 三角巾(または固定用装具)で安静にする
    • 痛みの治療:痛み止めの内服薬ステロイド薬の局所注射
    • リハビリテーション:肩の動きを改善したり、日常生活の動作を練習したりする
  • 手術
    • 関節鏡下肩峰下形成術や腱板縫合:腱板の修復を行う
    • 手術後も継続的なリハビリテーションが重要
  • その他
    • 無理な肩の姿勢をとらないように心がける
    • スポーツの後はアイシングやストレッチを行う

肩腱板損傷の経過と病院探しのポイント

肩腱板損傷が心配な方

肩腱板損傷は、肩関節に強い力が加わることで発症します。肩を強く打ったり、スポーツで急に力んだりした後から肩が痛く、または動かしづらくなった場合には、肩腱板損傷の可能性があります。

ご自身の症状が肩腱板損傷でないかと心配になった時、まずはお近くの整形外科のクリニックを受診されることをお勧めします。肩腱板損傷の診断は診察とレントゲンで行います。整形外科のクリニックであれば、総合病院でなくても、ほとんどのところにレントゲンの設備がありますので、クリニックでの診断が可能です。場合によってはMRIが必要となることもありますが、その必要性が高い場合には、それまでの経緯と検査結果をまとめた診療情報提供書(紹介状)をもらって総合病院で検査を受けることになるかもしれません。

肩腱板損傷に関連する診療科の病院・クリニックを探す

肩腱板損傷でお困りの方

肩の腱板断裂では、症状の重さによって治療法が異なります。三角巾をつけて1-2週間の安静を保つことで肩の動きが改善することも多いです。しかし、それよりも重症な場合には手術が必要となります。

整形外科のある病院に入院して手術を受けることになりますが、関節鏡手術(細く小さなカメラが入るような穴を皮膚に開けて行うもの)と、関節鏡ではなく肩にしっかりと切開を入れて行う手術があります。関節鏡の方が傷が小さく術後の回復が早いというメリットがある一方で、狭い中で行わなければならないために手術中の動作に制限があるというデメリットもあります。どちらが良いかは損傷の程度によって変わってきますので、ご自身の考えを伝えた上で主治医からも説明を受け、どちらが良いかを決めていくのが良いでしょう。

手術が不要だった場合には、整形外科のクリニックであれば、特に専門を限らずに定期的な通院での対応が可能な病気です。ある程度の定期的な通院が必要となりますので、何よりも主治医との相性や病院の通いやすさが重要です。医師によって治療方針が大きく変わってくる病気ではありませんので、信頼できて、日常生活の悩みをしっかり相談できる主治医を見つけることがとても大切です。

肩腱板損傷に関連する診療科の病院・クリニックを探す


肩腱板損傷のタグ

診療科
からだ

肩腱板損傷に関わるからだの部位


MEDLEYニュース新着記事