にょうろけっせきしょう
尿路結石症
腎臓(腎盂)で尿の成分がかたまり(結石)を作り、尿路の中に存在している状態。腰や背中の激痛の原因となる
14人の医師がチェック 215回の改訂 最終更新: 2019.09.13

血尿の原因は膀胱結石?膀胱結石の症状、治療とは?

膀胱結石は膀胱で結石ができた場合と尿管や腎臓で作られた結石が膀胱内に移動した場合が考えられます。尿管から移動してきた結石の多くはそのまま尿道から出ます。

膀胱結石のイラスト

1. 膀胱結石の症状は?

膀胱に結石があると、感染症がたびたび起きます。このために、膀胱刺激症状といって下腹部に痛みがあったり、頻尿となることがあります。膀胱炎も同時に発症することがあり、膀胱炎を契機に発見されることがあります。

  • 頻尿 
  • 排尿痛 
  • 残尿感
  • 血尿
  • 尿が途中で途切れる

膀胱炎にも似たような症状が多く、合併していることも多いために、症状から膀胱結石を診断することは難しいです。症状が全く無い場合もあります。

2. 膀胱結石の原因は?

図:男女別の骨盤臓器。男性には前立腺があり、女性には子宮がある。

膀胱結石の主な原因を挙げます。

解説します。

結石が形成されるのは尿の流れが悪く、尿が濃縮する状態が長期間続くことなどが原因です。膀胱から尿が出なくなる原因としては前立腺肥大症尿道狭窄神経因性膀胱、膀胱憩室があります。

膀胱結石の治療と同時に、原因となる病気の治療も重要です。

膀胱の中に異物があると異物を芯としてその周りに結石の成分が付着し、結石ができます。原因としては尿道カテーテルの長期留置、手術で使用した糸やクリップなどが挙げられます。

膀胱結石の原因となる病気は前立腺肥大症を筆頭に男性特有の病気が多いです。男性の膀胱結石患者数は女性患者の3-6倍とされています。また膀胱結石は50歳台以降の人に多い傾向があります。

3. 膀胱結石の診断は?

膀胱結石は症状から診断を確定することが困難です。

膀胱結石の診断を行う上では検査が必要です。以下のようないくつかの検査を組み合わせて診断を行います。

  • 尿検査
    • 膀胱結石がある場合は、血尿や尿(白血球が尿に混じる)がみられることがあります。健康診断での尿検査の異常から膀胱結石が発見されることもあります。
  • 超音波検査
    • 膀胱の中の結石の有無を確認できます。
  • 腹部X線検査
    • 結石の種類によってX線に写りやすさが異なりますが、はっきりと結石を確認することができます。
  • CT検査
    • 診断するには確実な方法です。X線写真で明らかに診断できた場合は行われないこともあります。
  • 膀胱鏡検査
    • 内視鏡の一種です。尿道から挿入して膀胱の中の結石を詳細に観察することができます。手術の計画を立てる際に行われることもありますが、行われない場合もあります。現在は軟性鏡という柔らかい内視鏡の登場で負担が軽減されました。

4. 膀胱結石の治療は?

膀胱結石の手術の方法は手術です。今のところ、結石自体を溶かしてなくすことを十分期待できる治療はありません。

膀胱結石の手術方法には以下の種類があります。

  • 経尿道的膀胱結石破砕術
  • 膀胱切石術
  • 体外衝撃波破砕術(ESWL)

膀胱結石の大半は経尿道的膀胱結石破砕術で治療されます。

経尿道的膀胱結石破砕術は手術室で行う内視鏡手術です。下半身麻酔もしくは全身麻酔で行います。麻酔がかかった段階で、お産のような体勢(砕石位)をとります。尿道に硬い筒(外筒)を挿入します。筒の中に内視鏡を挿入し、手術を行います。内視鏡により、膀胱の中をテレビのモニターに映し出し、モニターを見ながら手術を行います。

内視鏡の先に器具を送り込んで結石を砕きます。結石を砕く器具に以下の種類があります。

  • 砕石鉗子(さいせきかんし)
  • レーザー
  • 圧縮空気破砕装置

砕石鉗子は結石を挟んで握りつぶすように砕いていきます。レーザーは医療用のレーザーです。結石にレーザーを当てることで結石が破砕されていきます。圧縮空気は空気を圧縮することで衝撃を作り出し、結石に当てることで結石を破壊します。

膀胱切石術は開腹手術です。あまりにも大きい結石で内視鏡では手術が難しい場合に行われます。下腹部を数センチ切開して膀胱に到達します。膀胱を切り開き結石を取り出します。その後、膀胱を縫い合わせたあとに傷を閉じます。

体外衝撃波破砕術は主に尿管結石や腎結石の治療で用いられます。膀胱結石にはあまり用いられません。体の外から衝撃波を当てて結石を割って結石を小さく排石しやすいようにします。割ったあとの結石は自然に排石されるのを待ちます。