[医師監修・作成]アルツハイマー病の症状について:記憶力の低下、徘徊、暴言、被害妄想など | MEDLEY(メドレー)
あるつはいまーびょう(あるつはいまーがたにんちしょう)
アルツハイマー病(アルツハイマー型認知症)
認知症を引き起こす原因として最も多い病気。記憶や思考能力がゆっくりと障害されていく
19人の医師がチェック 325回の改訂 最終更新: 2023.01.22

アルツハイマー病の症状について:記憶力の低下、徘徊、暴言、被害妄想など

アルツハイマー病は認知症の一種です。記憶力の低下、徘徊、物盗られ妄想といったよく知られた症状が現れるほか、暴言を吐く、落ち着きがない、無気力になるなどの様々な変化が見られます。これらの症状は、認知機能の低下によって起こる中核症状と、中核症状の影響で起こる周辺症状(BPSD)の2つに大別することができます。このページではそれぞれの症状について詳しくみていきます。

1. アルツハイマー病の中核症状について

中核症状とは認知機能の低下を原因として起こる症状を指します。認知機能とは理解・判断・論理などの知的な活動を司る力です。具体的には次のような症状が現れます。

【アルツハイマー病の主な中核症状】

  • 記憶障害
  • 実行機能障害(または遂行機能障害):筋道をたてた行動ができなくなる
  • 失語:言語の理解や発語ができなくなる
  • 視空間障害:視力に問題はないにも関わらず、ものをみつけたり認識ができなくなる

上のリストは見られやすい症状なのですが、その中でも記憶障害が強く現れるのがアルツハイマー病の特徴です。記憶障害をきっかけに病気が見つかること多いです。アルツハイマー病では記憶の中でも近時記憶(近い過去の記憶)が障害されることが多く、遠隔記憶(遠い過去の記憶)は比較的保たれやすい傾向があります。近時記憶障害のため、ついさっき起きた出来事を忘れてしまって、同じ行動を短時間のうちに繰り返してしまいます。例えば、1日に何度も買い物に出かけたり、食事を繰り返し作ったりといったエピソードが典型的です。

それぞれの中核症状についてより詳しく知りたい人は「こちらのページ」も参考にしてください。

2. アルツハイマー病の周辺症状について

アルツハイマー病の症状のうち認知機能障害以外のものを周辺症状と言います。周辺症状は中核症状によって引き起こされるもので、「行動症状」と「心理症状」に大別できます。なお、周辺症状はBPSDと呼ばれることがあり、これは周辺症状の英語訳であるbehavioral and psychologica symptoms of dementia(認知症の行動・心理症状)の頭文字をとったものです。

【アルツハイマー病の主な周辺症状】

  • 主な行動症状
    • 暴言・暴力
    • 徘徊
    • 多動
  • 主な心理症状
    • 無気力
    • 易怒性:怒りっぽくなる
    • 被害妄想

人によっては中核症状より先に周辺症状が目立つことがあり、アルツハイマー病の発見のきっかけにもなります。生活の質を保つには中核症状だけをコントロールするだけでは不十分です。周辺症状にも注意する必要があり、対策は早めのほうが望ましいです。気になる症状がある人やその家族は不安に思う症状をお医者さんに相談してみてください。 では次に「行動症状」と「心理症状」についてそれぞれ説明していきます。

行動症状

アルツハイマー病の主な行動症状を再掲します。

  • 暴言・暴力
  • 徘徊
  • 多動

認知機能の低下により人やものを認識する力が落ちてしまうと、その結果として、暴言や暴力が現れることがあります。また、徘徊(家の中・外かまわずに歩き回る行動)や多動(常に落ち着きがない様子)も見られます。徘徊や多動が起こる背景には見当識障害(場所や時間がわからなくなること)に加えて、漠然とした不安が背景に存在する場合があります。症状が目立つ人にはどのような心理状態かを聞き出し、不安を抱えているのであれば、解消することで徘徊や他動が収まることもあります。患者さんの心理状態を聞き出すためには、付き添いながら話を聞くといった姿勢も有効だと考えられています。

心理症状

続いてアルツハイマー病の主な心理症状を再掲します。

  • 被害妄想
  • 易怒性:怒りっぽくなる
  • 無気力
  • 不安

心理症状は両極端な形で現れます。

被害妄想は「物盗られ妄想」としてよく知られているものです。誰かが自分の持ち物を盗んだと勘違いして、周りの人を疑ったり、暴言につながったりします。物盗られ妄想を避けるためには、貴重品などの置き場所をできるだけ明らかにするような工夫(見やすい所におく、定位置におく)が有効です。薬での治療とともに生活に取り入れてみてください。 攻撃的な症状とは反対で、気持ちが沈み込んでしまうこともあります。何もやる気がしなかったり、四六時中漠然とした不安を感じることもあります。無気力や不安には抗うつ薬や抗不安薬が効果的です。

参考

・田崎義昭, 斎藤佳雄/著, 「ベッドサイドの神経の診かた」, 南山堂, 2016

・河村満/編, 「認知症神経心理学的アプローチ」, 中山書店, 2012

・水野美邦/編, 「神経内科ハンドブック」, 医学書院, 2016