いのむかつき
胃のむかつき

胃のむかつきの基礎知識

概要

胃のむかつきの原因は、食中毒や感染性胃腸炎、胃潰瘍、胃炎、逆流性食道炎が多いです。その他にも、虫垂炎やイレウスなどのお腹の病気、尿路感染、脳の病気などの可能性もあります。受診は一般内科や消化器内科が適しています。観察のポイントは、下痢、発熱、生ものを食べたか、周りに同じ症状の人が要るか、といったことです。

原因とメカニズム

感染性胃腸炎や胃炎、胃潰瘍など、胃の粘膜に炎症などの異常が起こり、胃のむかつきが生じます。他には腸がつまってしまう腸閉塞や虫垂炎でも胃のもたつきの症状はあわられます。

考えられる病気

生ものを食べた

感染性胃腸炎やノロウイルスの可能性が考えられます。

発熱している

感染性胃腸炎やノロウイルス、ロタウイルスなどが考えられます。

数日続いている

胃潰瘍十二指腸潰瘍肺がんんど

怖い病気

虫垂炎

虫垂炎は放置すると腹部全体に炎症が広がって、重篤な状態になることがあります。しかし診断が難しく、典型的な症状がそろわないこともよくあります。お腹の痛みや発熱など、むかつき以外の症状が名が続く場合は、

狭心症・心筋梗塞

胸焼けだと思っていても、実は心臓の病気から痛みの可能性もあります。一般内科や救急科を受診すると、必要に応じて心電図や血液検査、心臓超音波検査などを通じて、狭心症心筋梗塞が隠れていないか調べることができます。



受診の目安

・数日間続いている ・発熱し、お腹が痛い

診療科

一般内科・総合診療科

感染性胃腸炎、ノロウイルス・ロタウイルスの感染症

検査

胃カメラ(上部消化管内視鏡検査)

逆流性食道炎胃潰瘍十二指腸潰瘍の診断に役に立ちます。

血液検査

体の全身の炎症の度合いを知ることできます。

治療

感染性胃腸炎やノロウイルス、ロタウイルスの場合は、何もせずに様子を見ていると自然に治ります。胃炎や胃潰瘍では、抗生剤によるピロリ菌の除菌が行われます。

セルフケア

胃腸に優しい食べ物を摂取しましょう。 ・刺激の強い香辛料、お酒、たばこは控える ・うどんやおかゆなど消化に良いものを食べる