2017.05.25 | ニュース

転移した腎がんにインターフェロンと分子標的薬のどちらが効く?

文献の調査から
from The Cochrane database of systematic reviews
転移した腎がんにインターフェロンと分子標的薬のどちらが効く?の写真
(C) Kurhan - Fotolia.com

転移のある腎がんに対して、免疫を利用して攻撃するインターフェロンαは歴史の長い薬ですが、分子標的薬の登場により使われる場面が減りました。研究結果の調査により効果の違いが検証されました。

ドイツの研究班が、文献からデータを集める方法によりインターフェロンαの効果を検討し、結果を『Cochrane Database of Systematic Reviews』に報告しました。

研究班は、転移のある腎細胞がん腎がん)に対してインターフェロンαまたはニボルマブを使った治療の効果を調べるため、文献データベースから関係する研究を検索しました。

ニボルマブは最近登場した分子標的薬のひとつです。ニボルマブも免疫を利用してがんを攻撃しますが、働くしくみはインターフェロンαとは違っています。

 

関係する8件の研究が見つかりました。

集まったデータから次の結果が得られました。

インターフェロンα単独療法はおそらく、テムシロリムスとスニチニブによる標準的な分子標的薬治療と比べて、1年間の全死亡率を高くする(リスク比1.30、95%信頼区間1.13-1.51、2件の研究、1,166人の参加者、中等度の質の証拠)[...]。

インターフェロンαとテムシロリムスの併用と、テムシロリムス単独療法のあいだで、1年全生存率にはおそらく差がない(リスク比1.13、95%信頼区間0.95-1.34、1件の研究、419人の参加者、中等度の質の証拠)[...]。

分子標的薬のテムシロリムスとスニチニブを使った標準的な治療法に比べて、インターフェロンαだけを使った治療のほうが1年間の死亡率が高いと見られました。

また、テムシロリムスによる治療にインターフェロンαを加える場合と加えない場合を比較すると、1年間の生存率には統計的に差が確かめられませんでした。

ほかの治療を受けたあとの患者を対象とした研究から次の結果が得られました。

以前に治療を受けた患者では、ニボルマブはおそらくエベロリムスによる標準的分子標的治療に比べて1年全死亡率を減らす(リスク比0.70、95%信頼区間0.56-0.87、1件の研究、821人の参加者、中等度の質の証拠)。またおそらくQoLを改善する(たとえば臨床的に意義のあるFKSI-DRSの改善のリスク比1.51、95%信頼区間1.28-1.78、1件の研究、704人の参加者、中等度の質の証拠)。またおそらくグレード3以上の有害事象の発生率を減らす(リスク比0.51、95%信頼区間0.40-0.65、1件の研究、803人の参加者、中等度の質の証拠)。

分子標的薬のエベロリムスに比べて、ニボルマブのほうが1年間の死亡率が低く、生活の質(QoL)が高く、副作用の可能性がある出来事として特に深刻なもの(入院が必要な程度以上のもの)が少なくなっていました

 

インターフェロンαと分子標的薬の効果についての研究を紹介しました。

インターフェロンαが生存率を高める効果でテムシロリムスとスニチニブに劣るという結果がありました。現在、転移のある腎がんの薬物療法としては分子標的薬が主流になり、インターフェロンαの役割は限られてきています。現在行われている治療方針を支持するデータが得られたと言えます。

また、ニボルマブはエベロリムスよりも優れた点を示しました。ニボルマブの位置付けについてはまさに議論がなされつつあります。日本でニボルマブ(商品名オプジーボ®)の効能・効果として「根治切除不能又は転移性腎細胞癌」が承認されたのは2017年3月です。今後はニボルマブの役割が重みを増していく可能性もあります。

時代とともに新しい薬剤が開発され、薬物療法は姿を変えていきます。その中でも、ここで紹介したようにひとつひとつデータを確かめていくことで、より合理的に判断することが可能になります。

執筆者

大脇 幸志郎

参考文献

Immunotherapy for metastatic renal cell carcinoma.

Cochrane Database Syst Rev. 2017 May 15. [Epub ahead of print]

[PMID: 28504837]

※本ページの記事は、医療・医学に関する理解・知識を深めるためのものであり、特定の治療法・医学的見解を支持・推奨するものではありません。

関連記事 おすすめ 人気記事 薬について知る 病気について知る 病院を探す PR インタビュー記事
MEDLEYニュース新着記事