2017.01.06 | ニュース

クラミジアは98%が間違いか情報不足、アプリの信頼度調査の結果

性感染症情報アプリ87件を評価
from Sexually transmitted infections
クラミジアは98%が間違いか情報不足、アプリの信頼度調査の結果の写真
(C) Rostislav_Sedlacek - iStock

性病が心配で人に聞きづらいとき、ネットの情報は頼りになるのでしょうか。病気の情報を提供するモバイルアプリを調査した研究から、29%のアプリが害になりうる情報を載せていたことなどが報告されました。

イギリスの研究班が、感染症についての情報を提供するモバイルアプリの信頼度を調査し、結果を専門誌『Sexually Transmitted Infections』に報告しました。

研究班は、2014年9月に、Google PlayとiTunes storeから性感染症に関係する英語のアプリを検索し、内容を評価しました。

検索で見つかった無料・有料のアプリのうち、専門家向けのアプリやゲームを除き、144件をダウンロードしました。内容を確認したうえで基準に合った87件を評価対象としました。

アプリが提供している内容が正しいか、また含まれるべき情報を漏れなくカバーしているかを評価しました。基準としてイギリスの公共機関と学会が提供している3件のサービスと比較しました。

 

調査から次の結果が得られました。

13件(15%)は完全に、46件(53%)はおおむね全体に、28件(32%)は部分的に正確だった。25件(29%)は1か所以上の潜在的に有害な情報を含んでいた。

1件のアプリだけが、クラミジアについて完全に正確で包括的な情報を提供していた。

正確さで一定基準以上と判定されたアプリは全体の15%だけでした。29%のアプリに、ユーザーにとって害となる可能性がある情報が含まれていました。例として次のようなものがありました。

尖圭コンジローマは悪いものです。生殖器に尖圭コンジローマが束のようにできると、治療はとても辛く、人間関係はだめになってしまいます。(アンドロイド用「Genital Warts Guide」)

処方薬のバルトレックスと、いくつかのメディカルハーブはどちらも、臨床試験でヘルペスウイルスの放出を減らすことが証明されています…ある種のメディカルハーブは、感染していないパートナーにとって単純ヘルペスウイルスに対抗する強い免疫反応を生み出す効果もあるかもしれません。(アンドロイド用「Herpes Treatment」)

カンジダ(イースト感染[訳注:腟カンジダ症の俗称]で見られるもの)は血液に感染し、毒素の過剰状態を引き起こして体のシステムを妨害し、心と体を荒廃させることがあります。(アンドロイド用「Yeast Infection」)

クラミジア感染症についての情報を評価すると、調査した87件のうち、一定基準以上に正しく漏れがないと判定されたアプリは1件だけでした。すなわち、全体の98.8%にあたる87件中86件は、正しくない部分が多いか、漏れている情報が多いと判定されました。

研究班は考察として「性の健康はいまだにイメージが悪い領域であり、アプリの形で提供される情報は人々にとって特に魅力的に感じられるかもしれない」「モバイルアプリは医療提供に効果をもたらす可能性があるのだが、ユーザーにアプリの信頼性の見分け方を教えたり、高品質のアプリに誘導したりする方法を見つけない限り、この可能性を現実にするのは難しいだろう」と述べています。

 

性感染症の情報を調べている人の不安な気持ちを煽り、ありもしない危険を強調し、効果が確かめられていない治療を偽って勧めるアプリの例が挙げられました。

尖圭コンジローマは手術のほか凍結療法や薬などの治療法があります。状態を見てなるべく負担が少ない治療を選び、通院で再発を監視することもできます。

単純ヘルペスウイルスに効くハーブはありません。免疫力を強くするハーブもありません。

カンジダは健康な人の体にもたいてい住み着いている常在菌です。膣カンジダ症になったからといって全身に感染が広がることはほとんどありません。

ここで紹介した調査は英語のアプリを対象にしていますが、日本語のアプリでも病気の情報を扱うものは現れてきています。29%に有害な情報があったという結果は決して他人事ではありません。

情報技術は日に日に進歩し、ネットやモバイルを利用した便利なサービスも続々と出てきています。その一方で、不確かな情報や悪意ある情報も出回りやすい状況ができています。

質の高い情報が提供されることはもちろん、信頼できる情報源を見分ける方法が作られることも、望ましい環境を作るために求められます。情報の発信者には、新しい時代に対応した新しい課題が突きつけられています。

執筆者

大脇 幸志郎

参考文献

'Can you recommend any good STI apps?' A review of content, accuracy and comprehensiveness of current mobile medical applications for STIs and related genital infections.

Sex Transm Infect. 2016 Nov 24. [Epub ahead of print]

[PMID: 27884965]

※本ページの記事は、医療・医学に関する理解・知識を深めるためのものであり、特定の治療法・医学的見解を支持・推奨するものではありません。

MEDLEYニュース新着記事