2016.01.22 | ニュース

アトピー性の病気と貧血に関連はあるか?

アメリカの子供たちでの調査

from JAMA pediatrics

アトピー性の病気と貧血に関連はあるか?の写真

アトピー性の病気には、炎症などの特徴があり、それらは貧血に関連性があることが指摘されています。そこで、アトピー性の病気と小児の貧血について調査が行われました。

◆データベースから小児のデータを使用

アトピー性の病気とは、免疫病原体に対する体の防御システム。何かのきっかけで、免疫が過剰反応している状態がアレルギーで、免疫が自分自身の体を攻撃してしまうのが自己免疫疾患の異常が関連している病気を指します。アトピー性の病気について、米国国民健康調査から207,007人、国民健康栄養調査から30,673人の小児のデータを使用しました。そこから、アトピー性の病気とされる湿疹喘息花粉症食物アレルギーについて報告があるかを調査しました。

 

◆アトピー性の病気と貧血との関連性

データから次の結果が得られました。

NHISの多変量解析では(主な結果を調整オッズ比[95%CI]として記す)、湿疹(1.83;1.58-2.13)、喘息(1.31;1.14-1.51)、花粉症(1.57 ; 1.36-1.81)、食物アレルギー(2.08;1.71-2.52)が、貧血のオッズが高かった(すべてP<.001)。NHANESでは、喘息(1.33;1.04-1.70;P=.02)および湿疹(1.93;1.04-3.59;P=.04)の現病歴が貧血、特に小球性貧血喘息;1.61;1.09-2.38;P=.02;湿疹:2.03;1.20-3.46;P=.009)のオッズが高いことと関連したが、花粉症の病歴は貧血とは関連性が認められなかった(0.85;0.62-1.17;P=.33)。

 

この研究では、湿疹喘息食物アレルギーに、貧血との関連性が見られましたが、花粉症については、2つのデータで異なる結果となりました。

 

このデータでは、アトピー性の病気を持つ小児には、貧血の心配があるのか、貧血だからアトピー性の病気にかかるのかは判別できません。ただ、アトピー性の病気と貧血に関連性が認められたということは、今後の診断、予防に役立つかもしれません。

 

執筆者

後藤由佳利


参考文献

Association Between Atopic Disease and Anemia in US Children.

JAMA Pediatr. 2016 Jan 1

[PMID: 26619045]

※本ページの記事は、医療・医学に関する理解・知識を深めるためのものであり、特定の治療法・医学的見解を支持・推奨するものではありません。