2015.12.14 | ニュース

ビタミンEが骨密度と関連している?

3,203人の大規模データにより検証
from The British journal of nutrition
ビタミンEが骨密度と関連している?の写真
(C) designer491 - Fotolia.com

ビタミンEは、心臓の病気の予防など、様々な効果が期待されています。今回研究グループは、骨密度との関連を調べました。

◆3,203人の大規模データにより検証

ビタミンEは、サプリメントなどで摂取する人も多いと思います。その効果としては、身体の酸化を防ぐことが知られています。一方、ビタミンEには骨を壊す細胞を活性化する働きがあることも知られています。

そこで研究グループは、中国人3,203人を対象に、ビタミンEの摂取量と骨密度の関連性を検証しました。

 

◆ビタミンEの摂取量が骨密度と関連

研究の結果、以下が示されました。

女性において、食事からのビタミンE摂取は、共変量で調整した後、腰椎、股関節、転子間と大腿骨頸部の骨密度と有意に正の関連を示した(P値:0.001-0.017)。

この結果は、ビタミンEを多く摂取していた人は、腰部から足にかけての骨密度が高かったことを示しています。

 

今回の研究では、ビタミンEを多く摂ると骨密度が高くなるという結果でした。一方で、これまでの報告では、ビタミンEの過剰摂取が骨密度を減少させる可能性も多く議論されています。そのため、沢山摂取すれば良いというわけではなく、バランスの良い栄養を心がけることが大事かもしれません。

執筆者

NK

参考文献

Association of dietary and serum vitamin E with bone mineral density in middle-aged and elderly Chinese adults: a cross-sectional study.

Br J Nutr. 2015 Oct 28

[PMID: 26507315]

※本ページの記事は、医療・医学に関する理解・知識を深めるためのものであり、特定の治療法・医学的見解を支持・推奨するものではありません。

MEDLEYニュース新着記事