けっせんせいけっしょうばんげんしょうせいしはんびょう(てぃーてぃーぴー)
血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)
全身の細い血管に血のかたまり(血栓)ができ、さまざまな臓器の機能が低下したり、血小板が足りなくなって出血しやすくなる病気
7人の医師がチェック 121回の改訂 最終更新: 2021.02.06

血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)の詳細情報

血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)

血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)は血栓が体内のあちこちにでき、その結果血小板が減少してしまうする病気です。血液中にあるADAMTS13という物質がなくなることで起こります。発熱、赤血球が壊れることによる貧血(溶血性貧血)、精神神経症状、腎障害が特徴です。治療では血漿交換療法を行います。