せきしょくへいかつぜつ

赤色平滑舌

栄養不足などによって、舌の表面全体が赤く、つるつるになった状態。舌の表面にある小さな突起(舌乳頭)がなくなっている。

病気に関連する診療科の病院を探す
4人の医師がチェック 73回の改訂 最終更新: 2017.06.15

赤色平滑舌の基礎知識

赤色平滑舌について

  • 舌の表面全体が赤く、つるつるになった状態
    • 舌乳頭と呼ばれる舌の表面にあるごく小さな突起が萎縮筋肉や内臓などが、やせ衰えて小さくなることしているために生じる
  • 下記にみられる全身的な病気のひとつの症状である
    • 鉄欠乏性貧血(鉄分の不足によって起こる貧血
    • 悪性貧血ビタミン生物が生きていく上で必要な栄養素の一種。炭水化物、タンパク質、脂質以外の有機化合物のことB12の欠乏によって起こる貧血
    • ビタミンB複合体欠乏症
    • シェーグレン症候群(唾液分泌の減少を始めとする様々な症状が現れる自己免疫疾患本来は外敵を倒すために働くはずの免疫が、何らかの異常によって自分の体を攻撃してしまう病気の総称のひとつ)

赤色平滑舌の症状

  • 舌の表面全体が赤く、つるつるになる
  • 舌全体がひりひりしたり、食べ物がしみる
  • 味覚の異常
  • 飲み込みにくい

赤色平滑舌の検査・診断

  • 血液検査:血液の成分を調べる
    • 貧血がが起こっていないかを調べる
    • 抗体白血球が作り出す、免疫の一部を担う物質。体内の病原体に付着して、他の免疫細胞の働きを助けたりするなど免疫病原体に対する体の防御システム。何かのきっかけで、免疫が過剰反応している状態がアレルギーで、免疫が自分自身の体を攻撃してしまうのが自己免疫疾患に異常がないかを調べる
  • 組織診病気を詳しく調べるために、体や病変の一部を切除して顕微鏡で調べる検査。例えば、腫瘍ががんか否かを調べる時などに行われる:唾液腺に異常がないかを調べる
    • 自己免疫疾患本来は外敵を倒すために働くはずの免疫が、何らかの異常によって自分の体を攻撃してしまう病気の総称シェーグレン症候群)を疑う場合に行われる

赤色平滑舌の治療法

  • 主な治療法
    • 原因となっている病気を見つけ、それに対する適切な治療を行う
  • 下記のような治療が行われることが多い
    • 不足している鉄分、ビタミン生物が生きていく上で必要な栄養素の一種。炭水化物、タンパク質、脂質以外の有機化合物のこと補給
    • 舌の炎症体の免疫が防御反応を起こしている状態。原因は、感染、けが、免疫の異常(アレルギーなど)と様々。免疫が強く反応することで、熱、腫れ、痛みなどが出るを抑える薬

赤色平滑舌のタグ

診療科口腔外科

赤色平滑舌に関わるからだの部位