[医師監修・作成]心房細動 | MEDLEY(メドレー)
しんぼうさいどう
心房細動
一定のリズムで拍動している心房がぶるぶると不規則に震えたような状態となることで生じる不整脈。血流が滞り心臓内に血栓を作ることで脳梗塞などの原因となることがある
18人の医師がチェック 143回の改訂 最終更新: 2021.02.22

心房細動

心房細動は多くの人に起こりうる不整脈です。心房細動がある人は動悸を感じることが多いですが、発作によって意識を失うような人は危険ですので必ず医療機関にかかる必要があります。心房細動と言われた場合には、どんな検査や治療を受けることになるのでしょうか。

心房細動とはどんな病気か?原因、症状、検査、治療など

心房細動は多くの人に起こりうる不整脈です。心房細動がある人は動悸を感じることが多いですが、発作によって意識を失うような人は危険ですので必ず医療機関にかかる必要があります。心房細動と言われた場合には、どんな検査や治療を受けることになるのでしょうか。

心房細動にはどんな症状がある?

心房細動がある人は動悸や息切れなどの症状を感じます。一方で、心房細動があっても特に症状を感じない人もいて、心房細動の状況によって異なります。このページでは心房細動でよくある症状や気をつけたほうがよい症状について説明します。

心房細動が疑われた人に行われる検査とは?心電図、心臓エコー検査、心臓電気生理学的検査など

動悸や脈がとぶ症状から心房細動が疑われた場合には、まず心電図検査が行われます。また、それ以外にも心臓の状態を調べるために、心臓エコー(超音波)検査やCT検査などが行われます。このページでは心房細動に関連する検査の内容や目的について説明します。

心房細動に対する治療はどんなことが行われる?薬物治療、カテーテルアブレーションなど

心房細動は誰にでも起こりうる病気です。一般的に心房細動に対しては薬物治療が行われます。しかし、なかなか治らない場合や身体の状態が悪い場合には電気的除細動やカテーテルアブレーション(心筋焼灼術、高周波焼灼術)などが行われます。

心房細動の人が注意して欲しい日常のこと

心房細動が悪化すると脳梗塞や心不全などを引き起こします。これらの病気は命にかかわるため、心房細動を正しく治療してコントロールすることが大切です。このページでは心房細動の人が日常生活の中で気をつけておくべきことについて説明します。