しんぼうさいどう
心房細動
高齢者では最も多く見られる不整脈である。血流が滞ることで心臓内に血栓を作ることがあり、脳梗塞などの原因となる
18人の医師がチェック 142回の改訂 最終更新: 2018.08.22

Beta 心房細動についての医師コメント

心房細動自体がこわいというよりも、合併する脳梗塞が非常に怖いです。脳梗塞の症状がでているのではないかと心配な時(どのような症状かは脳梗塞の項目を参照してください)、医師に心房細動があるということをきちんと伝えて下さい。「不整脈」だけでは不十分です。


匿名協力医師
患者さんへのメッセージ
2015.03.27

心房細動といってもその患者さんの年齢、症状の有無、脳梗塞のリスクの有無などで治療法は変わってきます。治療法は内服薬から電気的除細動やカテーテル治療まで多岐にわたるため、その症例ごとに適切な治療法を選択する必要があります。主治医と相談して適切な治療法を選択してください。
心房細動だからといっても必ずしもカテーテル治療で根治を目指す必要はないと思われます。ただしカテーテル治療も日々技術が進歩しており、今後適応が広がる可能性はあります。
心房細動は心臓の病気ですが恐ろしいのは心房細動が原因で起こる脳梗塞です。よく例えで出される有名人は某終身名誉野球監督、元サッカー日本代表監督、故元内閣総理大臣などです。ご自身の脳梗塞のリスクを知って適切な加療を行ってください。


匿名協力医師
患者さんへのメッセージ
2015.02.27