ぜんりつせんひだいしょう
前立腺肥大症
前立腺に発生する良性の腫瘍です。腫瘍によって前立腺が大きくなった状態を前立腺肥大と言い、その影響で排尿障害などの症状が現れた状態を前立腺肥大症といいます
12人の医師がチェック 182回の改訂 最終更新: 2024.04.10

前立腺肥大症の知識

前立腺肥大は良性腫瘍のために前立腺が大きくなることです。排尿障害が現れた場合を前立腺肥大症と言います。英語のBenign Prostatic Hyperplasiaを略してBPHと言われることもあります。

前立腺肥大症とはどんな病気?症状、検査、原因、治療について解説

前立腺肥大症は前立腺が大きくなることによって、排尿障害(尿が出づらい、尿の勢いがないなど)が現れる病気です。このページでは前立腺肥大症の概要を説明します。

前立腺肥大症の症状について:頻尿や夜間頻尿など

前立腺肥大症になると、排尿開始の遅れや残尿感、夜間頻尿などさまざま症状が現れ、これらの排尿に関する症状を一括に排尿障害ということがあります。前立腺肥大症が深刻になると症状の悪化だけではなく、他の臓器に影響を及ぼすことがあります。

前立腺肥大症の検査について:前立腺がんとの違いなど

前立腺肥大症が疑われれる人には診察や検査が行われ、前立腺の大きさや形、排尿状態などが調べられます。また、必要に応じて前立腺がんと区別をするための検査(前立腺生検)が行われます。

前立腺肥大症の治療について:薬物治療(ユリーフ®、ハルナール®、アボルブ®、ザルティア®、漢方薬)や手術の解説

前立腺肥大症の治療は薬物治療と手術があります。ともに症状の改善が目的ですが、副作用が異なります。自分の考えに合った治療法を選ぶには、治療の特徴を押さえておくことがポイントになります。

前立腺肥大症の人が知っておくとよいこと

前立腺肥大症と診断を受けた人や心配な人が知っておくと良い内容をまとめます。患者さんがいだきやすい疑問と、治療にまつわる疑問について分けて説明します。