しきゅうないまくしょう(ちょこれーとのうほうをふくむ)
子宮内膜症(チョコレート嚢胞を含む)
子宮内膜が子宮以外の場所にでき、月経のたびに強くなる腹痛、性交時・排便時の痛みなどを起こす病気。卵巣嚢胞や卵巣がんにもつながる
13人の医師がチェック 168回の改訂 最終更新: 2018.02.09

子宮内膜症(チョコレート嚢胞を含む)の詳細情報

子宮内膜症

子宮内膜症とは子宮にしか存在しない子宮内膜が子宮以外の場所に発生することを原因とする病気です。子宮以外に発生した子宮内膜は月経周期に合わせて腹痛などの症状の原因になります。治療法には薬や手術などがあります。