男性高齢者(66歳以上) で女性の陰部に異常な何かを触れるの原因となる病気 | MEDLEY(メドレー)

男性高齢者(66歳以上) で女性の陰部に異常な何かを触れるの原因となる病気

問診
[女性の陰部に異常な何かを触れる]について詳しく教えてください。次に当てはまるものはありますか?

男性高齢者(66歳以上) で女性の陰部に異常な何かを触れるの原因となる病気

  • 鼠径ヘルニア(総論)

    腹部の臓器(主に腸)が、太ももの付け根の内側から、皮膚のすぐ裏側まで出てきた状態。飛び出し方により分類される
    お腹(胃腸・肝臓・子宮・その他)
    消化器外科(食道・胃・大腸)
    消化器外科(肝胆膵)
    小児科
    小児外科
  • 毛のう炎(毛包炎)

    毛穴に細菌が感染した状態。カミソリ負けやアトピー性皮膚炎など、皮膚のバリア機能がダメージを受けたときに起こりやすい
    皮膚
    皮膚科
  • 脱肛

    肛門や直腸の粘膜が、肛門からはみ出てしまう病気
    陰部・肛門
    消化器内科
    消化器外科(食道・胃・大腸)
    消化器外科(肝胆膵)
  • 帯状疱疹

    水ぼうそうを起こすウイルスの感染が原因。身体の一部に、帯のように痛みのある赤いぶつぶつができる
    全身・その他
    皮膚
    リンパ球・リンパ節
    一般内科
    神経内科
    感染症内科
    ペインクリニック
  • 粉瘤

    皮膚の下にできた袋状の構造物に皮膚の老廃物が溜まってこぶのようになったもの
    皮膚
    皮膚科
  • 皮膚がん

    皮膚に生じるがんの総称
    皮膚
    腫瘍内科
    皮膚科
    緩和ケア科
  • ベーチェット病

    主症状として口内炎、陰部の潰瘍、目の見えにくさ、発疹のほか、副症状として関節、腸、神経、血管、副睾丸が障害されうる病気。
    頭・顔・口
    陰部・肛門
    皮膚
    アレルギー・膠原病科
  • 癤、癰

    毛包(毛根の周囲)が細菌に感染して、皮膚の中で膿が溜まって炎症を起こしている状態
    皮膚
    感染症内科
    皮膚科
  • 性器ヘルペス

    単純ヘルペスウイルスが陰部に感染することによって起こる病気。単純ヘルペス感染症の一種
    陰部・肛門
    感染症内科
    性病科
    皮膚科
    産婦人科
  • 帯状疱疹後神経痛

    帯状疱疹が治った後も続く痛み。神経因性疼痛と呼ばれるタイプの痛みが持続している状態
    皮膚
    末梢神経
    一般内科
    感染症内科
    皮膚科
    小児科
    緩和ケア科
    ペインクリニック
  • 湿疹(皮膚炎)

    「かゆみや赤み」、「がさつき」、「ぶつぶつ」など炎症による皮膚の異常を表現した言葉
    皮膚
    皮膚科
  • 外痔核

    肛門の周りの血流が悪くなることで、腫れている状態。排便時に強い痛みを伴うことが多い
    陰部・肛門
    消化器内科
    消化器外科(食道・胃・大腸)
    消化器外科(肝胆膵)

「症状チェッカー」は医師による診断の代替ではありません。症状だけでなく普段の様子や検査の結果などを踏まえて総合的に判断される必要があるため、「症状チェッカー」で表示された結果と真の診断との関連性は高くないことを留意してご使用下さい。

注:前版で用いていた理論を基本とし、多くの医師の臨床現場における肌感を元に対象疾患などを改良いたしました。