男性高齢者(66歳以上) で唇が痛い、痺れる、感覚がおかしいの原因となる病気 | MEDLEY(メドレー)

男性高齢者(66歳以上) で唇が痛い、痺れる、感覚がおかしいの原因となる病気

問診
[唇が痛い、痺れる、感覚がおかしい]について詳しく教えてください。次に当てはまるものはありますか?

男性高齢者(66歳以上) で唇が痛い、痺れる、感覚がおかしいの原因となる病気

  • 口唇ヘルペス

    成人で最もよくみられる単純ヘルペスの一種。
    頭・顔・口
    一般内科
    感染症内科
    皮膚科
  • 口内炎

    ほほの内側や歯ぐきなど、口の中やその周辺の粘膜に起こるできものの総称。
    頭・顔・口
    一般内科
  • 帯状疱疹

    水ぼうそうを起こすウイルスの感染が原因。身体の一部に、帯のように痛みのある赤いぶつぶつができる
    全身・その他
    皮膚
    リンパ球・リンパ節
    一般内科
    神経内科
    感染症内科
    ペインクリニック
  • 脱水症

    体の中の水分が減少している状態。電解質(ナトリウムやカリウムなどのミネラル)の濃度の異常も伴うことが多い
    全身・その他
    一般内科
    救急科
  • 帯状疱疹後神経痛

    帯状疱疹が治った後も続く痛み。神経因性疼痛と呼ばれるタイプの痛みが持続している状態
    皮膚
    末梢神経
    一般内科
    感染症内科
    皮膚科
    小児科
    緩和ケア科
    ペインクリニック
  • 嚥下障害

    正常に食べ物や唾液を飲み込めない状態
    首・のど
    神経内科
    リハビリテーション科
    耳鼻咽喉科
  • 齲歯(虫歯)

    歯垢の中の細菌が作り出す酸によって歯のエナメル質が溶け出した状態
    頭・顔・口
    口腔外科
    一般歯科
  • 口腔カンジダ症(鵞口瘡)

    カンジダという真菌(かび)によって起こる口の粘膜の感染症。新生児や免疫力が落ちている人に起こることが多い
    頭・顔・口
    一般内科
    感染症内科
  • じんましん(蕁麻疹)

    皮膚が赤く腫れ、短時間で消える症状。原因はアレルギー、物理的刺激、発汗など。市販薬にもある抗ヒスタミン薬の飲み薬が有効。原因不明で長引く場合もある
    皮膚
    アレルギー・膠原病科
    皮膚科
  • 薬疹

    薬剤が原因で起こる皮膚の様々な症状の総称。全身に赤いボツボツが出る。
    皮膚
    一般内科
    アレルギー・膠原病科
    皮膚科
  • かぜ(急性上気道炎)

    鼻やのど(上気道)が炎症を起こしている状態の総称。原因はほとんどがウイルス感染であるため、抗菌薬を使用するメリットに乏しい
    全身・その他
    首・のど
    一般内科
    呼吸器内科
    感染症内科
    小児科
  • 胃潰瘍、十二指腸潰瘍

    胃液によって胃や十二指腸の粘膜がダメージを受けた結果、壁がえぐれてしまった状態
    お腹(胃腸・肝臓・子宮・その他)
    一般内科
    消化器内科

「症状チェッカー」は医師による診断の代替ではありません。症状だけでなく普段の様子や検査の結果などを踏まえて総合的に判断される必要があるため、「症状チェッカー」で表示された結果と真の診断との関連性は高くないことを留意してご使用下さい。

注:前版で用いていた理論を基本とし、多くの医師の臨床現場における肌感を元に対象疾患などを改良いたしました。