めのじゅうけつ
目の充血

目の充血の基礎知識

概要

目が充血する病気で最も多い原因は、目に感染するアデノウイルスです。はやり目プール熱といった病気の原因になります。どちらも自然に治る病気ですが、人から人へうつるため注意が必要です。

春先に起こる充血で、片目ではなく両目同時に起こるものは花粉症アレルギー性結膜炎が多いです。

原因とメカニズム

目が充血し、目やにや涙が出て、痛みや痒みを伴うような状態は、結膜炎と言われます。結膜炎の原因は3種類に分かれます。

細菌真菌(カビ):抗菌薬の点眼をすれば、数日で治ることが多いです。

ウイルス:アデノウイルスによるはやり目流行性角結膜炎や、角膜ヘルペスなどがあります。

アレルギー:かゆみが強く、また両目とも結膜炎になります。原因は花粉、ダニ、ハウスダストなどです。

他には、ドライアイやコンタクトレンズの長期装着による眼の充血もあります。

症状から考えられる病気

学校や施設で流行っている

はやり目流行性角結膜炎)の流行が考えられます。

激痛が走る

角膜ヘルペスが考えられます。後遺症として視力が低下する可能性がありますが、原因であるヘルペスウイルスに効く抗ウイルス薬の点眼薬があるので、激痛がある場合はすぐに眼科を受診しましょう。

かゆみが強い

両目のかゆみが強い場合、花粉症の季節の場合は、アレルギー性結膜炎が考えられます。

受診の目安

・痛みが強い
・1週間以上続いている
・かゆみが強い

診療科

眼科

眼科が適しています。

治療

原因の病気に応じた治療が行われます。

細菌、真菌(カビ)、角膜ヘルペスでは、それぞれに有効な点眼薬があります。一方で他のウイルス性結膜炎では有効な点眼薬がないので、自然に治るのを待ちます。

アレルギー性結膜炎では、抗アレルギー点眼薬があります。毎年花粉症に悩んでいる場合は、抗アレルギー点眼薬を早めから始める治療法もあります。効果が不充分であれば、ステロイドの点眼薬を使えます。

セルフケア

はやり目はタオルや手を通じて他人にうつるので、タオルを共有しないなど、予防に努める
・コンタクトレンズは1日12時間を超えて装着しない
・使い捨てコンタクトレンズを何回も使用しない